オープンは12月5日!人気スキー場、六甲山スノーパークがゲレンデ造りを開始

  • 1358 |
  • 最終更新:

神戸市灘区六甲山に位置する六甲山スノーパークが、10月31日(土)に造雪作業をスタートします。
今シーズンの営業を2015年12月5日(土)から開始予定。約13万5000人を動員する大人気のスノーパークでは、幅広い年代・レベルに向けた体験会やスクールが豊富におこなわれます。

http://kakure-bar.cocolog-nifty.com/

六甲山スノーパークの雪

人工スキー場ですので、10月30日(金)~12月4日(金)のあいだ造雪作業がおこなわれます。メインゲレンデとスノーランド(雪ゾリ・雪あそび専用)の2か所に約100t~150tの雪山を毎日2山ずつ、合計約72山つくります。気候などの環境に左右されない、確実に良いコンディションのスキー場ができあがります。

オープン前に楽しんじゃおう!プレイベント開催

11月14日(土)、15日(日)の11:00~16:00には、プレイベントがおこなわれます。雪の中から埋められた宝を探し出す「宝さがしゲーム」、雪玉を投げてビンゴを目指す「雪玉ストラックアウト」などの雪あそびが一足先に楽しめます。
六甲山スノーパークのイメージキャラクター「スノイル」「ワルイル」と会えるのも楽しみのひとつです。

六甲山スノーパークの魅力

関西有数の広さ。雪あそび専用ゲレンデ

約10,000平方メートルの広さを誇る「スノーランド」では、雪だるま製造器を使った「雪だるまあそび」や「じゃんけん大会」など、子供が楽しめるイベントが多数おこなわれます。とくに大人気のスノーチューブは、今年は期間を延長して実施されます。

すべての人のゲレンデデビューをサポート!

六甲山スノーパークでは大好評に応え、入園+リフト券+スノーボード&ウェアレンタル+レッスンのお得な「ボードデビュー応援企画」を、今年から平・休日に加えて土日祝にも実施。平日限定の「スキーデビュー応援企画」や外国人向け、キッズ向けのスクールなど豊富なレッスンを用意しています。
上下の組み合わせを自由に選べるレンタルコーナーは、サイズやデザインが豊富にそろっています。初めての人にはスタッフが正しいブーツのはき方をアドバイス。思い立ったら手ぶらで、すぐに真っ白なゲレンデを満喫できます。

■イベント詳細
施設名:六甲山スノーパーク
住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
営業期間:2015年12月5日(土)~2016年3月21日(月・休)
※ 天候・ゲレンデコンディション・イベント開催等により、営業を中止・内容を一部変更する場合があります
営業時間: 9:00~22:00 (21:30受付終了)
<スキー> 9:00~22:00 <スノーランド> 9:00~17:00
<スノーボード>(平日)9:00~22:00(休日)16:00~22:00
※休日…土曜・日曜・祝日および12月28日(月)~1月6日(水)
入園料: 大人…中学生以上 小人…3歳~小学生
◆デイタイムチケット(9:00~15:30) 大人 2,100円 / 小人 1,050円 ※リフト料金別
◆ナイターチケット(16:00~21:30) 大人 2,600円 / 小人 1,550円 ※乗り放題のリフト券付
WEBサイト:http://www.rokkosan.com/ski/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ