身に着けるアート作品、販売中!「1+4 hands~wear where?」蔵前にて開催

  • 595 |
  • 最終更新:

シェアアトリエ「蔵前4273クリエイティブガレージ」にて「身に着けられる」をテーマにしたアート展「1+4 hands~wear where?」が2015年10月31日(日)まで開催中です。アーティストがペイントした帆布を浅草の職人がバッグに加工して販売する、コラボイベントとなっています。

「1+4 hands~wear where?」とは?

「1+4 hands~wear where?」(ワンフォーハンズ)とは、4名のアーティストがライブペイントした帆布を、地元浅草の職人が手提げバッグに加工して販売するプロジェクト。作品の展示・お披露目も兼ねたアート展ともなっています。
書が書かれた着物やTシャツ、手ぬぐいなど、それぞれのアーティストによる作品が並びます。実際に着たり持ち歩いたりできるアイテムが販売されていて、気に入ったアーティストの作品を購入できるのが魅力です。
「1+4 hands~wear where?」というプロジェクト名には「1つの素材を4名のアーティストが新しく作りかえ、さらに職人によって生まれ変わり、使う人へと手渡しで繋がる」という想いが込められています。アーティストと浅草の職人の心意気を、「1+4 hands~wear where?」で感じてみてはいかがでしょうか。

4名のアーティストによる個性的な一点もの作品

「1+4 hands~wear where?」に参加するアーティストは4名。
動物墨絵師の佐藤周作氏、書道家の飯田峰空氏、絵本作家・イラストレーターのAimi Chiyoya氏、細胞アーティストのOuma氏です。
それぞれ異なるジャンルで活躍するアーティストが集まり作品を製作・展示する今回のイベントは、会場内に足を一歩踏み入れれば新しい世界が広がります。
表面にアートペイントを施したアート手提げバッグやアートポーチなど、一点ものの作品が多いので、世界に一つだけのアイテムを見つけることができます。

最終日にはクロージングパーティが開催!

「1+4 hands~wear where?」の最終日である10月31日(日)には、クロージングパーティ「1+4hands closing party!!~下町ハロウィンナイト~」が開催されます。
このパーティーは時間帯により第一部と第二部に分かれています。
第一部は参加費500円で、15:00からアーティストによるフェイスペイントを行い、16:00~17:00に蔵前、浅草界隈を仮装パレードします。
第二部は参加費1,500円で、18:00~21:00に会場にて食事付きのパーティーがあります。こちらもワンコインでフェイスペイントが可能で、仮装をしてくるとフェイスペイントは無料になるサービスが付いています。地元の焼きたてピザや、自分でペイントができるカップケーキなどが用意されています。

■イベント詳細
名称:1+4 hands~wear where?
所在地:蔵前4273クリエイティブガレージ(東京都台東区蔵前4-27-3)
営業期間:2015年10月19日(月)~10月31日(日)
営業時間:月~水 10:00~19:00、木~土 10:00~22:00、日曜定休
料金:来場の際はカフェでの1オーダーをお願いしています
公式サイト:http://4273.jp/(蔵前4273クリエイティブガレージ)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ