出雲大社に全国から八百万の神々が集う「神在祭」が開催!伝統の祭りを体感、良縁も結べる!

  • 2259 |
  • 最終更新:

毎年、出雲大社で開かれる祭り「神在祭」。全国のあらゆる神が出雲大社に集まる旧暦の十月に、合わせて行われる伝統ある祭りです。今年は2015年11月21日(土)夜~11月28日(土)に神様たちが出雲大社に集合。様々な行事が行われます。

http://blog.goo.ne.jp/

全国のあらゆる神が出雲大社に集まる「神在祭」とは?

日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されている古社、出雲大社。大国様として馴染みの深い「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」を祀り、縁結びのパワースポットしても名が知られており、年間を通じて多くの人が参拝に訪れます。

旧暦の10月は、あらゆる神様たちが出かけ、居なくなってしまう月、「神無月」。しかし居なくなった神様たちが集う場所である出雲に限っては「神在月」と呼ばれてきました。
毎年、出雲大社では、神様たちが滞在する期間に合わせ、「神迎祭(かみむかえさい)」「神在祭(かみありさい)」「縁結大祭(えんむすびたいさい)」「神等去出祭(からさでさい)」の4つの神事が、厳粛な雰囲気の中、行われます。

「神迎祭」で神々を迎え、「神等去出祭」にて神々のお見送り

神様が出雲に滞在するのは「旧暦10月10日から17日」までの8日間。旧暦なので、毎年日程が変わります。今年は11月21日(土)~11月28日(土)に、全国から八百万の神々が出雲に集合します。

「神迎祭」11月21日(土)
毎年、旧暦の10月10日にあたる日の夜に行われる「神迎祭」。出雲大社より西へ15分ほど歩いたところにある海岸「稲佐の浜」に到着する神々を迎える神事です。浜で御神火が焚かれ、縄が張り巡らされた斎場の中に神籬(ひもろぎ)が2本、傍らに神々の先導役となる龍蛇神が海に向かって配置されます。その後神事が終わると、境内までの道が炎で照らされ、神々たちの道が作られます。

「神在祭」11月22日(日)、26日(木)、28日(土)
旧暦10月11日、15日、17日に御本殿で行われる「神在祭」。朝9時頃から開始され、出雲大社の千家宮司始め神職が参進し、修祓の後、宮司の祝詞奏上などが行われます。正式な参列は招待状が来た方のみですが、一般の方も見物できます。
また、通常は扉が閉じられている「十九社」は、神在期間中のみ扉が開き、多くの参拝者が訪れます。

「神等去出祭」11月28日(土)
祭りの最終日は、神々が出雲大社を後にする儀式が行われています。夕刻4時、「十九社」に宿泊していた八百万の神々の神籬が拝殿に移動。扉を三度叩きつつ「お立ち~、お立ち~」と唱えます。

神々たちが良縁を結ぶ「縁結大祭」も!

一週間、人生諸般の事などについての会議「神議(かむはか)り」をするために、出雲に滞在する八百万の神々。様々な縁結びの審議も行われる「神在祭」に併せ、執り行われます。祭典では、大国主大神をはじめ、全国より集われた八百万の神々に対し、世の人々の更なる幸縁結びを祈る祝詞が声高らかに奏上されます。
今年は11月26日(木)と28日(土)に行われます。事前にハガキでの申し込みが必要です。興味がある方はWEBサイトをチェックしてください。

今年の秋は少し足を伸ばして、八百万の神々が集う出雲で、伝統ある祭りを体感してみてはいかがですか。

イベント詳細

イベント名:神在祭
開催期間:11月21日(土)夜~11月28日(土)
会場:出雲大社 ※「神迎祭」は、稲佐の浜で開催
所在地:島根県出雲市大社町杵築東195
WEBサイト:http://www.izumooyashiro.or.jp/kamiari27/top.htm (神在祭 特設HP)
           http://www.izumooyashiro.or.jp/ (出雲大社公式HP)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ