参加無料!「三陽銀座タワー」で、かわいいおばけバックを作るワークショップ開催

  • 最終更新:
花火特集2017

残布を使用したアップサイクルイベントが2015年10月24日(土)・25日(日)に「三陽銀座タワー」で開催されます。このイベントは、アーティストであるchikolata(チコラータ)さん監修で、三陽商会が取り組むCSR活動の一環。物作りを通して知恵や工夫を身につけることができます。

残布を使用したアップサイクルイベントで、おばけを作ろう

残布を使用したアップサイクルイベントでは、使われなくなった様々な柄の布を使っておばけバックを作ります。おばけバックとは、この名の通りおばけの形をしたバックで、とてもキュートなものです。

開催日時は2015年10月24日(土)・25日(日)の2日間で、1日に3回開催されます。
1回目は13時から、2回目は15時から、3回目は17時からで、参加募集人数は各回10組20名です。
小学生以下の方は保護者同伴での参加となります。24日(土)にchikolata(チコラータ)さんが来店します。

三陽商会は、「真・善・美」を社是としています。この社是のもと、CSR(=Corporate Social Responsibility「企業の社会的責任」)の理念を持ち、「think.sanyo」という言葉を生み出しました。残布を使用したアップサイクルイベントは、「think.sanyo」の言葉を掲げる三陽商会があらゆる人々と関わりを持ち、環境活動への理解を共有するために開催されるイベントです。

アーティスト・chikolata(チコラータ)さん

アップサイクルイベントの監修を務めるchikolata(チコラータ)さんは、1999年に金沢美術工芸大学を卒業した後、渡英してLondon collage of fashion に入学し、ファッションに関わる活動のなかで様々な技術や知識を身につけました。

そして2002年に帰国し、2008年に自身のブランド「chikolata(チコラータ)」をスタートさせました。chikolata(チコラータ)とは、トルコ語でチョコレートの意味。「スイートだけどビターもある、チョコレートのように甘くて苦い、おかしくって楽しいものを生み出すブランド」との想いが込められています。

「みたことモノをカタチにする」をコンセプトとし、ニットウェア、婦人服、人形、アクセサリーなどの商品を次々に送り出しています。最も人気のあるニットで作られた人形は、1つ1つが手作りで温かいユニークなものとなっています。

■イベント詳細
名称:残布を使用したアップサイクルイベント
所在地:〒104-0061東京都中央区銀座8-8-9 三陽銀座タワー 6F
営業期間:11:00〜20:00
料金:無料
公式サイト:http://www.sanyoginzatower.com

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ