秋葉原高架下の「B-1グランプリ食堂 」がご当地グルメ第2章開始!新たな味を楽しもう!

  • 4936 |
  • 最終更新:

JR秋葉原駅・御徒町駅間高架下開発の第三弾として、今年の7月にオープンした「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」では、店舗の入れ替えを一部行い、10月23日(金)から新たに8種類のご当地グルメが提供されます。

「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」とは?

「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」は、ご当地グルメを通じて地域のまちおこしに取り組むイベント「B-1グランプリ」の常設公認店として、今年7月にオープン。
都内で唯一、10種類を超えるご当地グルメを揃えており、日本全国の食文化を一度にまとめて体験できる場所となっています。人気のご当地グルメを一皿300円~700円とリーズナブルな値段で味わうことができ、秋葉原を訪れる買い物客や観光客を中心に連日賑わいを見せています。

ご当地グルメ“第2章”開始!新たな8種類のご当地グルメが登場!

「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」では、これまで提供されていなかった北海道・東北や日本海沿岸などの、8種類のご当地グルメを10月23日(金)から提供開始。新たな地域の魅力を発信します。

「いちのせきハラミ焼」や「山形芋煮カレーうどん」の東北勢をはじめ、「なよろ煮込みジンギスカン」、「本荘ハムフライ」、「小樽あんかけ焼そば」など各地から絶品メニューがラインナップ。分厚い豚肉をにんにくと一緒に特製ソースで香ばしく柔らかく焼きあげた「四日市とんてき」も注目です。

今年のB-1グランプリで注目を集めたメニューも登場

今年開催された「B-1グランプリin十和田」で好成績を収めたご当地グルメも登場します。10位に入賞した「出雲ぜんざい」は、縁結びの出雲大社にちなんで紅白の白玉が入っているぜんざい。甘さの中に塩味を効かせた出雲伝統の一品です。
さらに、準優勝に輝いた、醤油や味噌をベースにした甘辛のタレに漬け込んだ豚肉を焼いた「上対馬とんちゃん」も「B-1グランプリ食堂 」の新たな出発を盛り上げます。

引き続き販売される7つのご当地グルメにも注目!

「B-1グランプリin十和田」の覇者「勝浦タンタンメン」や、第9回大会のグランプリに輝いた「十和田バラ焼き 」などを含めたご当地グルメ7品は、第1章から引き続き販売されます。まだ食べてない方は、こちらも要チェックです。
また、要望の多かった「ご飯単品」の提供を開始するなど再始動する「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」に注目が集まっています。ぜひ足を運んで普段なかなか口にすることのないご当地グルメを味わってみてください。

■店舗詳細 
店舗名:B-1グランプリ食堂AKI-OKA CARAVANE
所在地:東京都千代田区神田練塀町15-1外
営業時間:【平日】 11:00~21:00(L.O 20:45) 【土休日】 11:00~20:00(L.O 19:45)
               ※メニュー入替の準備により10月19日(月)~10月22日(木)の4日間は臨時休業
公式サイト:http://www.jrtk.jp/b-1gp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ