キャノンギャラリーSにて上田義彦写真展「Materia 2015」開催!ギャラリートークも

  • 1259 |
  • 最終更新:

上田義彦写真展「Materia 2015」が、2015年11月14日(土)から12月12日(土)までの期間、東京にあるキャノンギャラリーSで開催されます。同展では、日本を代表する写真家である上田氏が映し出した生命力溢れる自然を目にすることができます。

生命を生む力を感じる、「Materia 2015」

「Materia 2015」は、2015年11月14日(土)から12月12日(土)まで開催されます。上田氏は、様々な有名企業の広告の撮影を行っており、数々の賞を受賞してきました。一方で、作家の活動として約30年もの間巡礼の旅を続けています。過去には、アメリカ・ワシントン州の広大な自然を収めた写真集「Quinault」や、屋久島の生命力溢れる自然を収めた写真集「Materia」など、数々の作品を発表しています。

「Materia 2015」では、「地球上の『生命を生む力』を表した作品」をテーマに、最新作を中心とした作品約30点が展示されます。

ギャラリートークも開催

期間中、展示場ではギャラリートークが開催されます。上田氏が自身の作品の解説を行うため、自分の目で作品を観て想いを巡らせるだけではなく、上田氏本人の話を聞くことで作品への理解を深めることができます。開催日時は、2015年11月14日(土)の16時からです。上田義彦写真展「Materia 2015」の公式サイトより、参加申し込みができます。定員は50名で、先着順なので早めに申し込みすることをおすすめします。参加は無料なので、気になる方は気軽に参加しましょう。

実力派の写真家、上田義彦

上田義彦氏は日本の写真家で、2014年より多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科の教授を務めています。1979年にビジュアルアーツ専門学校を卒業し、1979年から1981年までは写真家である福田匡伸氏と有田泰而氏に師事。その後、1982年に独立し、数々の自身の作品を生み出すに至りました。これまでに、無印良品、資生堂、UNIQLO、伊右衛門、Canonの広告など、様々な作品を手掛けています。東京ADC賞最高賞受賞、カンヌグラフィック銀賞受賞、ニューヨークADC賞などの名誉ある賞の受賞歴を持つ実力派の写真家です。

■イベント詳細
名称:上田義彦写真展「Materia 2015」
所在地:〒108-8011 東京都港区港南 2-16-6 CANON S TOWER 1F
営業期間:10:00〜17:30(日・祝日・休業日は休み)
料金:無料
公式サイト:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/ueda-materia/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ