伝統に出会う。東京と名古屋でJAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK開催

  • 1693 |
  • 最終更新:

2015年10月24日(土)から11月3日(火)までの期間、JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEKが開催されます。東京と名古屋で開催される日本の伝統工芸品の展示販売イベントです。51店舗ものライフスタイルショップが参加し、伝統工芸品を使い手に引き合わせてくれます。

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEKとは?

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEKとは、「ニッポンの伝統工芸に出逢う。」をコンセプトにした日本の伝統工芸品を展示販売するイベントです。
日本には様々な伝統工芸品が存在しています。それらは繊細で美しい日本の心を表し、人々を感動させます。時代が移りゆく中で、伝統工芸品は人から人へと伝わり、技術も受け継がれてきました。
そんな伝統を守り受け継ぐ手助けをするために、2014年に初めてJAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEKが開催されました。このイベントは、「創り手から売り手へ、売り手から使い手へ」という一本の架け橋を作り出したいという願いも込められています。

イベント期間中は、東京と名古屋の様々なライフスタイルショップが伝統工芸品の産地とタッグを組み、伝統工芸品の展示販売・実演などを行います。

51店舗がイベントに参加。街なかを歩いて伝統工芸に触れよう

伝統工芸青山スクエアが東京のメイン会場となり、国際デザインセンターが名古屋のメイン会場となります。さらに港区・中央区などのエリアにある40店舗と、名古屋にある9店舗が加わります。自由に街中を歩いて伝統工芸品巡りができるので、楽しい散策にもなります!

各店舗では、伝統工芸品を見るだけではなく購入もできます。お気に入りの品を見つけたら購入してみてはいかがでしょうか。伝統工芸品は使う度に味が出てくるものが多いので、生活に取り入れるのが楽しみですね。メイン会場では、なかなか見ることのできない製作実演やワークショップが行われるので、こちらも必見です。

スタンプラリーも開催!

イベント期間中は、イベント参加店舗を巡ってスタンプを集めるスタンプラリーも開催されます。スタンプの数によって様々な工芸品をもらえるので、挑戦しましょう。
東京エリアでスタンプ12個、名古屋エリアでスタンプ5個集めた場合、「めぐる賞」として江戸切子 猪口、津軽塗 箸、江戸からかみ小箱などがもらえます。また、東京エリアでスタンプ3個、名古屋エリアでスタンプ2個集めた場合、「つなぐ賞」として金沢箔 あぶらとり紙、鈴鹿墨 なす墨 などがもらえます。
どの工芸品がもらえるかは抽選で決まるので、当日のお楽しみです。スタンプラリーの台紙は各店舗でもらえます。

真心がこもった温かい伝統工芸品に出会えるイベントです。休日にふらりと散歩気分で訪れてみてはいかがでしょうか。

イベント詳細
名称:JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK
所在地:伝統工芸青山スクエア 東京都港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル 1F
国際デザインセンター 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク・デザインセンタービル
開催期間:2015年10月24日(土)~11月3日(火・祝)
開催時間:伝統工芸青山スクエア 11:00〜19:00
国際デザインセンター 11:00〜20:00
料金:無料
公式サイト:http://jtcw.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ