上から見下ろす花火大会?!大阪「りんくうプレジャータウンSEACLE」で真冬の花火大会開催

  • 1683 |
  • 最終更新:

大阪府の商業施設「りんくうプレジャータウンSEACLE(シークル)」で、11月21日(土)~12月25日(金)までの期間、真冬のプロジェクションマッピング花火大会が開催されます。大観覧車の足元に投影を行う、日本初・上から見下ろす花火大会です。幻想的な煌めきを家族やカップルで眺めてみませんか。

プロジェクションマッピング花火大会とは?

2007年、大阪府泉佐野市にオープンした大型複合商業施設「りんくうプレジャータウンSEACLE(シークル)」は、ファッションやインテリアのショッピングから関西圏最大級の大観覧車、仕事をテーマにした体験型子供テーマパーク「KIDS-0(キッズゼロ)」までが揃った、子供から大人まで楽しめる施設です。
大観覧車「りんくうの星」の足元にはクルクルひろばがあり、今回のイベントではこのクルクルひろばに11月21日(土)~12月25(金)までの期間限定で、万華鏡をイメージした「カレイドファイアーワークス」が投影されることになりました。日本初の上から見下ろす真冬のプロジェクションマッピング花火大会。ファミリーやカップルでキラキラと輝く美しい花火を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

「FIREWORKS by NAKED」によるプロジェクションマッピング

「りんくうプレジャータウンSEACLE」でのプロジェクションマッピングショーは、株式会社ネイキッドが手掛けています。ネイキッドは村松亮太郎を中心としたさまざまな空間演出を手掛けるクリエイティブチームです。東京駅「TOKYO HIKARI VISION」や「TOKYOガンダムプロジェクト2014ガンダムプロジェクションマッピング」、進撃の巨人プロジェクションマッピング「ATTACK ON THE REAL」など数多くの作品を世に送り出しており、従来の映像表現の枠を超えた演出で注目を集めています。
「りんくうプレジャータウンSEACLE」では、床に万華鏡のような花火のアートワークを映し出して、未体験の空間を演出します。幻想的で美しい冬の花火大会でとびきりロマンティックな時間を過ごしてください。

2階から見下ろしても、花火の中に入っても楽しい

クルクルひろばの床にアートワークが投影されるため、上から見下ろす以外にも、1階に降りて花火の中に入って花火大会を体感することができるのもプロジェクションマッピング花火の魅力です。開催時間は各日日没から22:00まで、1回約3分の投影が20分間隔で行われます。それぞれの楽しみ方で花火を満喫できるので、何回足を運んでも楽しめます。

■イベント詳細
名称:FIREWORKS by NAKED(プロジェクションマッピングショー)
所在地:「りんくうプレジャータウンSEACLE(シークル)」1階クルクルひろば(大阪府泉佐野市りんくう往来南3番地)
営業期間:2015年11月21日(土)~12月25日(金)※11月28日(土)・29日(日)は除く
営業時間:各日日没~22:00の20分間隔で投影 ※1回約3分の投影
料金:観覧無料
公式サイト:http://www.seacle.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ