なか卯創業初の海鮮丼!プチプチとした食感の「天然いくら丼」が季節限定で販売中

  • 1218 |
  • 最終更新:

牛丼チェーン「なか卯」の各店で、「天然いくら丼」が10月14日(水)から季節限定で販売されています。創業以来、丼ぶりとうどんを主力商品としてきた「なか卯」初の海鮮物を使用した商品の販売に注目が集まっています。

http://www.nakau.co.jp/

丼ぶりと京風うどんの店「なか卯」とは?

丼ぶりと京風うどんの店として、直営店とFC店を合わせて日本国内に約480店舗を展開するフードチェン店「なか卯」は、1969年、大阪府茨木市に手作りうどんの店として誕生。1974年に大阪市梅田の地下街に出店する際に新商品として導入した牛丼がヒットし、急成長を遂げました。
現在は創業時からの「うどん」、同社発展の礎えとなった「牛丼」以外にも、親子丼やカツ丼、カレーの販売や季節限定メニューの開発など、新しい味の探求にも力を入れています。

「なか卯」初となる海鮮物!いくら丼が限定販売!

定番メニューである牛丼や親子丼をはじめ、「豚生姜丼」、「麻辣担々牛丼」など、個性的な限定丼にもチャレンジしてきた「なか卯」。10月14日(水)から季節限定で販売を開始した「天然いくら丼」は「なか卯」創業以来、初めてとなるの海鮮丼です。
醤油漬けのプチプチとした食感の天然いくらをたっぷりと使用。彩りに「なか卯」のこだわり卵で作った錦糸たまご敷き詰め、さらにきざみ海苔、青ネギ、信州・安曇野産の本わさびを添えた本格的な一品となっています。
オリジナルの特製ダレは「天然いくら丼」に合わせ、だし醤油や酢などをブレンドしたものです。ぜひ「なか卯」初となる記念すべき海鮮丼を味わってみてください。

今年も販売!「なか卯」秋冬の名物「鶏塩うどん」

2007年の販売開始以来、寒い冬の定番メニューとして人気の「鶏塩うどん」の提供が、今年も9月30日(水)よりスタートしています。瀬戸内の海水から生まれた藻塩、鶏の旨みが凝縮された鶏油、食欲をそそるガーリック風味の塩ダレをなか卯自慢の和風出汁に加え、あっさりしていながらも深みのある味に仕上がっています。
「天然いくら丼」とあわせて、こちらの商品もチェックしてみてください。

■商品詳細
商品名:天然いくら丼
価格:ミニ490円 並790円 特盛990円
販売店舗:全国の「なか卯」
販売期間:10月14日(水)〜終了日未定
公式サイト:http://www.nakau.co.jp/jp/index.html