揚げたて串天片手に気軽に一杯!「ちょい飲み てんや」東京駅にOPEN、平日は朝食も提供中。

  • 1435 |
  • 最終更新:

天丼でお馴染みの「天丼てんや」が、東京駅丸の内北口横の「味の散歩道」に、新業態「ちょい飲み てんや」をオープンしました。てんや初提供となる「串天」13種類を始め、お刺身などの「ちょい飲み」にぴったりなメニューがラインナップされています。

www.tenya.co.jp

「ちょい飲み てんや」とは?

「ちょい飲み てんや」は、天丼チェーンの「てんや」が、美味しい天ぷらでお酒が飲みたい、という客の要望に本格的に応えるためにオープンした、「ちょい飲み」に特化した新業態の店舗です。

ちょい飲みの需要に応えるため、江戸時代に庶民が屋台で食べていた「串天」を中心としたおつまみメニューを充実させており、エビやイカ、きす、ホタテ、れんこん、ナス、ブロッコリーなど13種類の串天が、一本60円からとリーズナブルな価格で楽しめます。

風情のある東京駅の赤レンガ駅舎の隣で、「串天」をほおばりながら美味しいお酒を楽しんでみましょう。

おつまみ・ドリンク、どちらのメニューも豊富

串天の他にも、「てんや」では初めてとなるお刺身をはじめ大判コロッケ、から揚げ、玉子焼き、あさりの酒蒸し、アヒージョなどバリエーション豊富なメニューが揃っています。また、串天3種やまぐろのたたき、いか刺し、たこブツのいずれかと生ビールを組み合わせたセットメニューは各780円とお手頃で、まさに仕事の後にちょい飲みして帰りたいという人にぴったりです。

アルコール類は、生ビール、ホッピー、ハイボール、日本酒、焼酎、だけでなく「てんぷらに合う」オーストラリア産のワイン(赤・白)まで、幅広く揃えています。いつもは「ビールと串天のセット」、ときどき気分を変えて「ワイン&てんぷら盛り合わせ」といったように、行けば行くほど楽しめます。

丸の内で働く人には嬉しい!美味しい朝ご飯も提供

また、ビジネスの中心地、丸の内で働く人のために「ちょい飲み てんや」では、朝7:00から11:00まで、「朝定食」が提供されます。

朝定食には半熟玉子天、ご飯と小そば(またはうどん)がセットになった「てんやセット」、主菜が焼き魚の「朝の和定食」と、主菜が天ぷらの「朝の和定食」の3種類。1日の始まりにしっかりパワーを補給しましょう。

11:00から閉店までは他の「てんや」同様グランドメニューになり、16:00以降はグランドメニューに「夜のおつまみメニュー」が加わります。ひとりでも複数人でも、朝・昼・夜いつでも気軽に楽しめる要素が盛り沢山です。

■店舗情報
店舗名:ちょい飲み てんや
所在地:東京都千代田区丸の内1-7-2 東京駅丸の内北口ガード下「味の散歩道」内
営業時間:【平日】7:00~23:00【土】11:00~21:00【日・祝】11:00~16:00
公式サイト:http://www.tenya.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ