11月1日「土と平和の祭典」開催!音楽で彩るオーガニックな食と農を日比谷公園で楽しむ一日!

  • 1029 |
  • 最終更新:

「土と平和の祭典」が、2015年11月1日(日)に東京都千代田区の日比谷公園で開催されます。全国の有機農家の収穫を一緒に祝うオーガニックな食と農の文化祭は、遊びと学びの企画が盛り沢山です。大人も子どもものびのび楽しめる「土と平和の祭典」の見どころをご紹介します。

http://www.k-sizenohkoku.com/

土と平和の祭典とは?

今年で9回目の開催となる「土と平和の祭典」は、日本最大級の環境配慮型農業と農的暮らしのフェスティバルです。実りの秋を感じさせるこの時期に、全国の有機農家の収穫を共に祝い大地に感謝する収穫祭として、多くの人で賑わいます。
オーガニックな食と農を中心に、音楽やアートなどさまざまな視点から「平和」について語らう場であり、企画も満載です。毎年1日限りで開かれる盛大なフェスティバルは、日比谷公園の芝生広場を解放して入場無料で開催されます。

今年のテーマは「命こそ宝」

「土と平和の祭典」では、毎年毎にテーマを設けています。今年は「命こそ宝」をテーマに掲げ、今ここで生きるということ、生きていくために欠かせない食べ物のこと。これからを歩いていかなくてはならない子ども達の未来についてじっくり向き合える日を目指します。

豪華なライブ&トークステージ

農業を元気づけるミュージシャンたちの心のこもったライブも、このフェスティバルの魅力のひとつです。歌手の加藤登紀子さんと次女のYaeさんを筆頭に、海外でも活躍する和太鼓バンドや百姓ジャンベなど、魂を揺さぶるステージが繰り広げられます。これからの農業や社会の問題を語り合うトークステージも、聞き応え充分な内容です。

こだわりの一品に出会えるマーケット&フードブース

「土と平和の祭典」では農産物や加工品、ハンドメイドの作品などここでしか手に入らない、とっておきの品々が集結します。ファーマーズマーケットには163ブース、安心安全で美味しいフードやお酒が楽しめる食堂&酒場は22店舗の出店が予定されています。
開会式は、朝9時30分に始まります。10時にはあの寺田本家の自然酒の樽酒が無料で振る舞われる、鏡開きも行われますのでお見逃しのないように!マイ食器とレジャーシートを持って、心と身体が喜ぶ日曜日を過ごしてみませんか。

イベント詳細

名称:土と平和の祭典
所在地:日比谷公園 (〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1)
営業期間:2015年11月1日(日)
営業時間:9:30〜16:30(雨天決行)
料金:入場無料
公式サイト:http://tanemaki.jp/saiten2015/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ