冷凍食品のセレクトショップ「ベフロティ」世田谷区にオープン!冷凍のプロが選んだ商品が勢揃い

  • 7735 |
  • 最終更新:

メディアで人気の冷凍生活アドバイザー・西川剛史氏が厳選した冷凍食品セレクトショップ「Vefroty(ベフロティ)」が、東京・世田谷区の東松原駅近くにオープンします。店頭には、簡単・便利でありながら美味しくて、健康に良い冷凍食品が並びます。オープン日は、10月18日(日)。実はこの日は、「冷凍食品の日」です。

www.facebook.com

冷凍食品のセレクトショップ「ベフロティ」とは?

Vefroty(ベフロティ)は、Vegetable(野菜)の「Ve」と、frozen(冷凍)の「fro」から作られた造語です。「冷凍」と「野菜」の2つの切り口で、誰もが健康で豊かな食生活が営めるよう、冷凍食品の魅力や使い方を発信します。
冷凍食品は、メーカーの長年にわたる技術の積み重ねや、たゆまない努力の結果で作られている商品です。その冷凍食品の正しい情報を提供しながら、選び抜かれた冷凍食品が販売されます。さらに健康的な食生活をおくる上で欠かせない「生鮮野菜」も店頭で販売され、調理方法などについても教えてもらえます。

「冷凍生活アドバイザー」が食をサポート!

あまり耳にしない冷凍生活アドバイザーですが、冷凍食品や、家庭での食材の冷凍など、「冷凍」に関する知識を持っている、いわゆる「冷凍」のプロが冷凍生活アドバイザーです。「冷凍」に関する正しい知識、あるいはテクニック、アレンジレシピのアドバイスをしてくれ、忙しい日常をおくっている人が、健康で豊かな食事を摂れるようサポートしてくれます。

冷凍生活アドバイザー・西川剛史氏が商品をセレクト

Vefrotyで取り扱う商品は、テレビ番組の冷凍食品企画で監修・出演を務める冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏がセレクトしています。西川氏は大学を卒業後、冷凍食品メーカーの工場に勤務。商品開発の経験を生かし冷凍生活アドバイザーとしてだけではなく、アクティブ野菜ソムリエとしても活躍中です。野菜に関したイベントや講座を実施したり、情報を発信しているので、興味のある方は店頭やホームページでチェックしてみてください。

毎日の食卓が豊かになる冷凍食品

店頭に並ぶ商品は、群馬県産の「有機冷凍ほうれん草」をはじめとした冷凍野菜。また、野菜だけではなく、保存料などの添加物を一切使わず、国産の食材を使用した「ハンバーグステーキ」も用意されています。冷凍食品とは思えない、ジューシーな肉本来の旨味を味わえる逸品です。
ほかにも、千葉県産の「元気豚」を、しゃぶしゃぶ用にスライスした商品や、糖度12度の甘いネギを使った「焼きねぎとろ~りコロッケ」など、従来の冷凍食品のイメージを覆すような、リッチな食材が取り扱われています。

■イベント詳細
店舗名:冷凍食品セレクトショップ Vefroty(ベフロティ)
所在地:東京都世田谷区松原5-28-3 河合ビル1階
グランドオープン日:2015年10月18日(日) 
営業時間:10:00〜19:00
定休日:木曜、日曜
公式サイト:http://vefroty.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/vefroty

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ