ラーメン&替玉一玉無料!10月16日限定、博多 一風堂「振る舞いラーメン祭」30店舗で開催

  • 3234 |
  • 最終更新:

創業30周年を迎える博多一風堂が、人気メニューの「白丸元味」と「赤丸新味」を無料で提供する「振る舞いラーメン祭」を10月16日(金)に開催します。全国の博多一風堂30店舗限定で、昼の部(10:30~15:00)、夜の部(17:30~22:00)それぞれ各300杯をふるまうという、太っ腹なサービスです。近くの実施店舗をチェックして、足を運んでみてはいかがでしょうか。

振る舞いラーメン祭とは?

ラーメン店「博多 一風堂」を展開する力の源カンパニーは、10月16日(金)に、創業30周年を迎えます。そこで、これまで来店してくれた人への感謝の想いを込め、無料でラーメンを振る舞う「振る舞いラーメン祭」が開催されます。提供されるラーメンは、一風堂の2大看板メニュー「白丸元味」と「赤丸新味」。長く愛されてきたメニューが、30周年を機に、スープ、麺、チャーシューなど、全面的にグレードアップし、新しい白丸と赤丸でお目見えします。

人気メニューの「白丸元味」&「赤丸新味」の魅力

白丸元味は、一風堂の原点ともいえるラーメンです。
創業当時より受け継がれる味に改良を重ねて、豚骨ならではのまろやかな旨みのスープにたどり着きました。そのスープに絶妙に絡むのは、小麦本来の香りと歯ごたえを楽しめる極細麺。一風堂の原点ともいえるストレートな一杯は、豚骨が苦手な人、また年配の人にも親しまれているラーメンです。
赤丸新味は、スープに自家製の香味油と辛みそがプラスされ、一杯のラーメンで幾度も味の奥行きと調和を楽しめるラーメンです。白丸が正統派の豚骨ラーメンならば、赤丸新味は、コクと深みを追求した革新派の豚骨ラーメンです。

白丸・赤丸すべてが進化

今回のリニューアルで、一風堂のすべてをかけてグレードアップしたという白丸元味、赤丸新味。どのように変わったのか具体的にご紹介します。

深みのある味わい「博多絹ごしとんこつ」スープ

自慢のとんこつスープは「博多絹ごしとんこつ」と名付けられ、独自の「熟かさね製法」で味に何層もの深みを実現しています。シルクのような滑らかさ、そしてまろやかな味わいを楽しめます。
麺には、福岡県産のラーメン専用小麦「ラー麦」を加え、一風堂専用小麦「風の大地」を使用しています。白丸元味には丸い形状の極細麺を、「赤丸新味」には角が四角い細麺をブレンドしています。試行錯誤を繰り返し、それぞれのラーメンに最も適した形と味わいに整えられています。

かえし番人たちが守る「匠がえし」

数種類の九州醤油をベースにした秘伝の「一風堂 匠がえし」を知るのは創業者・河原成美氏と、わずか数名の「かえし番人」のみです。スープの味を決定づける「元だし」は、今回のリニューアルで更に味の深みを増しています。

かさね炊きチャーシューは王道のカタとバラ

かさね炊きチャーシューは、継ぎ足しながら守り続けている醤油ダレで、じっくりと煮込まれています。噛みしめるほどに味わい深い「王道のカタ」と、とろとろ感がたまらない「王道のバラ」の2種類の味を、贅沢にも一杯の丼で楽しめます。

さらに「赤丸新味」は香油と辛味噌を刷新し大きく進化

「赤丸新味」の味を豊かにしている香油と辛味噌もブラッシュアップされています。数種類の野菜から香りを抽出した香油には、エキストラバージンオイルを調合し、さらに香り高い「オリーブ香油」として生まれ変わっています。辛味噌は5種類の唐辛子に、ヤンニンジャン、豆板醤などを加え、ごま油で風味をプラス。全体的にキリッと、まとまった味に仕上がっています。

イベント詳細
名称:博多一風堂 振る舞いラーメン祭
実施日:2015年10月16日(金)
実施時間:昼の部(10:30~15:00)、夜の部(17:30~22:00)
昼、夜ともに各300杯が提供されます(先着順)
実施30店舗:
【九州】大名店・太宰府インター店・塩原本舗・姪浜店・薬院店
【関東】銀座店・吉祥寺店・六本木店・高田馬場店・明大前店・駒沢公園店・千葉中央店・池袋店・湘南SEASIDE店・横浜西口店・町田店・大宮店・高崎店
【関西】長堀店・神戸元町店・堀江店・池田店・西宮北口店・箕面店
【東海】本町通り店
【北海道】札幌狸小路店・
【北陸】金沢香林坊店
【東北】盛岡店
【中国・四国】岡山店・松山店
公式サイト:http://www.ippudo.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ