企業とクリエーターがコラボ!横浜YCC「YOKOHAMA CREATIVE WEEK」開催

  • 1212 |
  • 最終更新:

2015年11月4日(水)〜8日(日)YCCヨコハマ創造都市センターにて、中小企業の技術力とクリエーターのコラボレーションにより、ビジネスの新しい道を探る「YOKOHAMA CREATIVE WEEK(ヨコハマ・クリエイティブ・ウィーク)」が開催されます。企業とクリエーターがともに作り上げた展示やワークショップなど、見逃せないイベントが盛りだくさんです。

http://ycw.cinra.net/

「YOKOHAMA CREATIVE WEEK(ヨコハマ・クリエイティブ・ウィーク)とは?

横浜市は、企業とクリエーターのコラボレーションを「未知の可能性を秘めた結びつき」として推奨しており、ビジネスに新しい付加価値を生み出す「創造的産業の振興」に取り組んできました。
そして今回、従来から積極的に続けてきたこの活動をより多くの人に知ってもらうために、「YOKOHAMA CREATIVE WEEK(ヨコハマ・クリエイティブ・ウィーク)」の開催することとなりました。
期間中はYCCヨコハマ創造都市センターを舞台に、企業とクリエーターの合作である「ヨコハマの家」が展示されるほか、さまざまなワークショップなどのイベントが用意されています。

旧第一銀行横浜支店を移築・復元した会場に「ヨコハマの家」が誕生

今回会場となる「YCCヨコハマ創造都市センター」は、1929年に建設された歴史的建造物「旧第一銀行横浜市店」を移築、復元した建物です。横浜のクリエイティブ拠点として活用されているYCCの内部に、横浜市内の中小企業が持つ高い技術力と、ヨコハマのクリエーターの創造力を集結した「ヨコハマの家」が誕生します。
「古き良き日本の食卓シーン」を想起させる小さな空間に、企業とクリエーターが手を組むことによって生まれるイノベーション。横浜発のビジネスにに注目が集まります。

参加企業、クリエーターはすべて横浜拠点

炭素繊維プラスティックの「株式会社エーシーエム」や、ガラス繊維の「株式会社横浜石英」、貼箱の「株式会社荒井紙器製作所」、超極細ワイヤーの「協立金属工業株式会社」など、参加4社はすべて横浜を拠点とする中小企業。「NODESIGNER」などのクリエーターも、すべて横浜拠点に活躍する団体です。
参加者それぞれが「ヨコハマの家」完成までの道のりを語るトークイベントや、「地産地消×クリエイティブ」の成功事例を学べるセミナー、クリエイティブと企業が結びつくことで広がる可能性を探るアイディアワークショップなど、さまざまなイベントが用意されています。

関連イベント「関内外OPEN! 7 〜街の文化祭〜」も同時開催

11月7日(土)、8日(日)の両日には、アーティストやデザイナーなどのクリエイターと出会える人気企画「関内外OPEN! 7 〜街の文化祭〜」も同時開催されます。
普段は入れないものづくりの現場を訪問して、グラフィックデザイン、写真、映像、建築などの作品を鑑賞したり、ワークショップなどに参加したりして楽しめる参加型イベントです。横浜関内駅周辺に点在するスタジオをまわりながら、バラエティ豊かなイベントを楽しめます。

■イベント詳細
名称:YOKOHAMA CREATIVE WEEK(ヨコハマ・クリエイティブ・ウィーク)
会場:YCCヨコハマ創造都市センター(神奈川県横浜市中区本町6-50-1)
開催期間:2015年11月4日(水)〜8日(日)
開催時間:11:00〜22:00(最終日は〜20:00)
料金:無料
公式サイト:http://ycw.cinra.net/

名称:関内外OPEN! 7 〜街の文化祭〜
馬車道、元町・中華街、関内、桜木町、石川町各駅周辺のスタジオ
開催期間:2015年11月7日(土)、8日(日)
開催時間:11:00〜18:00頃
公式サイト:http://kannaigai.yafjp.org

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ