瞬間冷凍実験を体験できる!TEPIA先端技術館 特別企画展「世界に誇る食の技術展」が開催中

  • 1248 |
  • 最終更新:

東京都港区北青山にあるTEPIA先端技術館では、日本の「食」に関する技術を集めた特別展示「世界に誇る食の技術展」が、2015年10月14日(水)から12月13日(日)までの期間開催されています。ドローンを活用した農業技術や、細胞を壊さずに瞬間冷凍する技術など、最先端の技術を紹介する展覧会です。

TEPIA先端技術館 特別企画展「世界に誇る食の技術展」の魅力

食の問題に対応するために開発された日本ならではの「食」に関する先端技術を展示する「世界に誇る食の技術展」。会場では「生産をのばす技術」「新鮮に届ける技術」「美味しさをつくる技術」の視点から、世界に誇る日本の技術を紹介します。

生産をのばす技術
農作物の生産状況を見張るドローンを活用した農業技術や、ネットワーク型の家庭用植物工場をなどについて学べます。
新鮮に届ける技術
細胞を壊さず瞬間冷凍が出来る「セル・アライブ・システム(CAS)」、果物に触れずに輸送を可能にする技術「フレシェル(R)」などを紹介しています。
美味しさをつくる技術
香りをカプセルに包み新鮮なフレーバーをいつでも味わえる「エボリューションカプセル」や、匂いを作り出す「匂い調合機」などを見られます。

いずれも食の生産や流通を変える画期的な技術に触れることができます。

瞬間冷凍実験や特別クイズラリーも開催

毎週土日祝には、実験体験プログラムとして、「新鮮に届ける技術」の一つである、瞬間冷凍を体験できる過冷却実験も行われます。会場ではそのほかにも、日本が抱える「食」の問題について、楽しく学ぶことができる特別クイズラリーも開催されます。

TEPIA講演会「近畿大学水産研究所におけるクロマグロ完全養殖への挑戦!」

展覧会の会期中、11月18日には、クロマグロの人工ふ化から完全養殖に成功した「近大マグロ」についての講演会も行われます。戦後すぐ、昭和23年に開設されてから平成14年、クロマグロの完全養殖までの近畿大学水産研究所の歴史とともに、クロマグロ養殖産業が抱えている問題点と完全養殖の意義について、近畿大学水産研究所・水産養殖種苗センター長である升間主計教授からお話を伺えます。

■イベント詳細
名称:「世界に誇る食の技術展」
開催期間:10月14日(水)~12月13日(日)
所在地:東京都港区北青山2-8-44 TEPIA先端技術館
東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口徒歩4分
開館時間:10:00~18:00(土日祝は17:00閉館)
休館日 :月曜日(祝日の場合は開館し翌平日休館)
料金:無料
公式サイト:http://www.tepia.jp/exhibition

TEPIA講演会「近畿大学水産研究所におけるクロマグロ完全養殖への挑戦!」
日時 :2015年11月18日(水)13:00~14:30
場所 :TEPIA 4階 TEPIAホール

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ