SUGIZOら出演!ベネフィットライブ「 HOPE AND LIVE」が新宿ReNYで開催

  • 987 |
  • 最終更新:

2015年11月8日(日)、新宿ReNYで「NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS HOPE AND LIVE~HIVAIDS治療支援ベネフィットコンサート」が開催されます。2013年の開幕から第6回目を数えるコンサートです。HIV/AIDSキャリアに対する偏見や差別をなくしていくメッセージを示しています。

hopeandlive.com

 

NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS HOPE AND LIVE~HIVAIDS治療支援ベネフィットコンサートとは?

「Hope And Live ~HIV/AIDS治療支援ベネフィット・コンサート」は、2013年に自らがHIVキャリアであることを告白したミュージシャン「HAL」の呼びかけに端を発して開催されたベネフィットコンサートです。告白を受け止め、支援すべく集結したミュージシャン仲間たちの厚意によって実現しました。
集まった数々のミュージシャンの根底にあったものは「無償の友情」であり、「仲間を助けたい」と言う強い思いであったこと。それは、「HIV/AIDSキャリアに対する差別・偏見をなくそう」というメッセージの本質でもあります。今回の開催は、このメッセージの原点回帰として「差別のない社会」に向けての道しるべを、コンサートを通じて示していきます。

平等の願いを込め、歌い上げるアーティスト達の世界観

11月8日(日)に出演するアーティストは、「SUGIZO (LUNA SEA,X JAPAN,JUNO REACTOR)」や「RIS with DIE(hide with Spread Beaver)」、「THE SOUND BEE HD」、「カフカ」、「SPEED-iD」など、10組以上のアーティストが出演します。
ひとりひとりが、無償の友情の力と、救済の願いを込めて歌い上げ、演奏していきます。CDや音楽プレイヤーで聞き流すだけだった楽曲も、一度生で聴けば心が燃えだし、楽曲の印象も変わっていきます。楽しいだけでなく、価値観が変わり、学べるコンサートとなります。

前回のイベント参加者も楽しめる!

10月4日(日)に無事終了した1日目のライブには、「河村 隆一」や「S.Q.F」、「SiXX」や「HIGHFASHIONPARALYZE」など、5組以上のアーティスト、著名人が参加しました。

また、HIV/AIDSキャリア支援に関するパネルディスカッションが開催されました。今回の11月8日(日)のコンサートの前に参加している方は、事前知識があるため、さらに知識が深まるはず。

また、コンサートではHIV/AIDSの正しい理解を伝えるためのパンフレットが配布されます。友を想う音楽と共に、偏見のない知識を身につけ、コンサートを楽しんでみてください。

■イベント詳細
名称:NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS
HOPE AND LIVE~HIV/AIDS治療支援ベネフィットコンサート2015 DAY-2
所在地:新宿ReNY 東京都新宿区西新宿6-5-1アイランドホール2F 03-5990-5561
開催時間:11月8日 (日) 開場13:00  開演 14:00
料金:¥5,000 / ¥5,500 (D代別途要)
公式サイト:http://hopeandlive.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ