温泉と音楽にどっぷり浸かろう!畳で愉しむ新感覚音楽フェス「音泉温楽」が長野で開催!

  • 1592 |
  • 最終更新:

「音泉温楽」が、2015年 12月5日(土)から12月6日(日)までの2日間に渡り、長野県の渋温泉で開催されます。2009年に開催されて以降、日本各地の温泉地で開催されているこちらのフェスは、会場のユニークさと穏やかな雰囲気が評判です。一体どんな空間なのか、気になるその内容をご紹介します。

www.shibu-onsen-ongaku.com

「音泉温楽」 とは?

今や日本の音楽フェスはさまざまな形をみせていますが、そのなかでも注目を集めつつあるものが日本宴会様式のフェス「音泉温楽」 です。一見つながりのなさそうな「温泉」と「音楽」ですが、そこには日本独自の文化が生み出す不思議なまでの融合が垣間見えます。
お湯を中心とした新しいコミュニティの創造と、地域におけるご縁社会の復興を目的とした特定非営利活動法人「YUKAI」が運営し、「温泉復古の大号令」を掲げて2009年に旗揚げされた「音泉温楽」。日本の良さを随所に感じられる、他に類をみない音楽フェスです。

「音泉温楽」の愉しみ方

他の音楽フェスと異なる点はいくつかありますが、なんといっても温泉宿での開催は「音泉温楽」ならではの粋な演出です。「浴衣で、畳の上で、座ったままで、お酒と地元の料理と、素晴らしき仲間たちや恋人と、ゆる~く楽しむ」をコンセプトに、トラディショナルな日本宴会様式での音楽の愉しみ方を提案しています。

「千と千尋の神隠し」のモデル!?雰囲気満点の会場

2015・冬「音泉温楽」の舞台となる宿は、宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋のモデルのひとつとなったと言われる「金具屋」です。長野県の渋温泉にある老舗旅館で、日本を代表する登録有形文化財温泉建築にも認定されています。西洋の文化と、それまでの伝統的な日本文化が相まった鮮やかで華やかな建築様式は、息をのむ美しさです。歴史を感じさせる「金具屋」を全館を貸し切り、150畳の大宴会会場で行われるフェスはまさに唯一無二の空間です。

「音泉温楽」は300名限定のプレミアム開催ですので、チケットの入手はお早めに。極上のフェス体験を、この冬味わってみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細

名称:音泉温楽2015・冬
所在地:信州長野・渋温泉『金具屋』
営業期間:2015年 12月5日(土)~6日(日)
営業時間:5日14:00開場~22:30終了(17:30~19:30夕食休憩)
     6日11:00開場~14:30終了※若干変更の可能性がございます
チケット:9,200円
公式サイト:http://www.onsen-ongaku.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ