開館20周年「豊田市美術館」がリニューアルオープン!特別展示や講演会なども開催

  • 1475 |
  • 最終更新:

愛知県豊田市にある「豊田美術館」は、20周年を迎え、10月10日(土)よりリニューアルオープンします。世界からその美しさを評価される美術館は、高齢者や体の不自由な方も利用出来るよう、さまざまな改修が施されました。新装オープンを機に開催されるコレクション展では、リニューアルを記念するさまざまなイベントが開催されます。

リニューアルした豊田市美術館の魅力

1995年11月に開館した豊田市美術館。建物はニューヨーク近代美術館増改築(2004年)や、京都国立博物館平成知新館(2014年)などの美術館建築で名高い建築家、谷口吉生氏によって設計されました。乳白色のガラスの矩形が美しくレイアウトされた外観と、美術作品を展示、鑑賞するために計算し尽くされた展示室は国内外から高く評価されています。
今回のリニューアルは、設計者である谷口吉生氏自身によって監修され、空調や防水工事などと共に、エレベーターの増設やスロープの設置を行ったほか、ワークショップルームがこれまでのほぼ2倍の大きさになるなど、利便性を高めるためのさまざまな工夫がされています。

リニューアルオープンを記念して開催されるコレクション展

リニューアルを記念して行われるコレクション展では、前後半に分けてコレクション展が行われます。前期はフランスの現代芸術家ソフィ・カル、後半は日本の美術家、山口啓介の展示が行われます。
前期は「ソフィ・カル 最後のとき/最初のとき」と題して、生まれつき目の見えない人々に「美のイメージとは何か」を問いかけるカルの代表作《盲目の人》シリーズが一堂に会する展示となりました(10月10日〜12月6日)。後期に開催される「山口啓介|カナリア」では、1年間のワークショップでできた花や植物が展示室に庭のように組み上げられます。

リニューアル記念イベントも充実

リニューアルオープンから2ヶ月間、豊田市美術館ではさまざまなイベントが行われます。
10月10日(土)から12日(日)に開催される「美術館のお庭でマルシェ」では、3日間限定でクラフト&フードのお店が美術館の前庭にオープンします。
10月25日(日)にはダンスカンパニーarchaiclightbody(アルカイックライトボディ)によるダンスパフォーマンス、「STREET & PARK MARKET “ MUSEUM PICNIC ”」が開催されます(13:00〜16:00 庭園似て開催)。
その他にも、浅田彰氏による講演「ミュージアムの過去・現在・未来-積極的アナクロニーのために」(10月11日14:00〜15:30 12:00より整理券を配布)や、彫刻家・青木野枝氏による「青木野枝公開作品設置&講演会」(作品設置、11月3〜7日 10:00–16:00 講演会11月7日14:00〜15:30 12:00より整理券を配布)など、魅力的なイベントが満載です。

豊田市美術館へのアクセス

名鉄豊田市駅、愛知環状鉄道新豊田駅より徒歩15分 。車を利用する場合は東名高速道路豊田市ICより約15分、東海環状自動車道松平ICより約15分、豊田東ICからは約20分となります。
11月14日(土)、15日(日)は、開館20周年を記念して、全館観覧料無料となるサービスも行われます。


■詳細情報
名称:豊田市美術館 リニューアルオープン
所在地:愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
公式サイト:http://www.museum.toyota.aichi.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ