世界最大級のスノーボードレールコンテスト「BURTON RAIL DAYS」が六本木で開催

  • 4131 |
  • 最終更新:

ストリートスノーボードにフューチャーした世界最大級のスノーボードレールコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」が2015年11月14日(土)、六本木ヒルズアリーナで開催されます。世界中のトップレールライダーが集まり、賞金総額$27,000を懸けた戦いに挑みます。

http://dealer-blog.mini.jp/

スノーボードレールコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」の魅力

2011年11月に六本木ヒルズで開催されて以来、今年で5年目を迎えるBURTON RAIL DAYS presented by MINI。スノーボードコンテストとしても日本最大級の大会です。会場には、およそ120トンの雪を使った、高さ8.5m、長さ34.2m、奥行15.3mの巨大特設コースが登場。毎年数千人もの観客が、世界トップレベルのスノーボードのスタイルに歓声を上げるBURTON RAIL DAYSは、すでに「六本木の秋の風物詩」として定着しました。

世界中のストリートスノーボーダーが六本木に集結!

BURTON RAIL DAYS presented by MINIに参加するのは、雪の積もったストリートの手すりや階段でボードを滑らせて、自身のスタイルを映像や写真で表現する「ストリートスノーボーダー」です。転倒がすぐに大きなけがにつながるリスクを背負いながら作られるスライディングの画像や映像は、世界中のファンを魅了しています。
BURTON RAIL DAYSは、ストリートで活躍するスノーボーダーのライディングを間近に見ることができる世界でも貴重なイベントです。

今年は昨年優勝のザック・アラー(カナダ)、一昨年優勝のザック・ヘイル(アメリカ)に加え、2年連続で表彰台に上った阿部祐麻(日本)、そして3月のBURTON US OPENで優勝した角野友基(日本)も参加。文字どおり世界のトップスノーボーダーが集結する大会となりました。

ストリートらしさを演出するクリエイティブな特設コース

過去最大規模となる今年のコースは、日常で目にする街中の環境を多く盛り込んだセットアップとなりました。ストリートスノーボーダー達が日常に使う建物の手すりや階段などをうまく取り入れ、ライダーの個性や創造性を引き出すことができるよりクリエイティブなコースに仕上げられます。このコースで総勢18名の選手達が、日頃研鑽している技を競い合います。

キッズ専用のBURTON KIDS’ RIGLET PARKも登場

会場にはキッズ専用のスノーボードパーク「BURTON KIDS’ RIGLET PARK」も登場!3歳から6歳までの子供たちがスノーボードの基礎を学べるプログラムです。参加費は無料。参加に必要なギアも会場に用意されています。毎年2,000人もの子供たちがスノーボードライディングを体験する大人気プログラムです。

受付は当日予約制となり、先着順の受付となります。定員となり次第終了となりますのでご注意ください。

■イベント詳細
名称:BURTON RAIL DAYS presented by MINI
所在地:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)
日程:2015年11月14日(土)
   11:00 キッズコーナー、スポンサーブースオープン
         17:00 レールコンテストスタート
         19:30 イベントクローズ
料金:無料
公式サイト:www.burtonraildays.com
            http://www.facebook.com/BurtonSnowboardsJapan

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ