11月3日は横浜美術館が無料開館!文化の日はみなとみらいでアートを満喫しよう

  • 2715 |
  • 最終更新:

横浜市西区みなとみらいにある横浜美術館は、1989年11月3日「文化の日」に開館しました。これを記念して、2015年11月3日(火・祝)は、同日から始まる企画展とコレクション展を無料で鑑賞することができます。

http://blog.livedoor.jp/

ふたつのメイン展覧会が無料に。来館時間限定でプレゼントも

文化の日に観覧料が無料になるのは、11月3日(火・祝)から始まる企画展「横浜発 おもしろい画家:中島清之―日本画の迷宮」展と、「コレクション展2015 年度第 3 期」です。
11月4日(水)以降は通常料金(当日券は一般1,200円・大学・高校生800円・中学生400円・小学生以下無料)となります。
また、11月3日(火・祝)は横浜美術館メールニュース新規登録キャンペーンも実施されます。
11:00~14:00の間に来館しメールニュースに新規登録すると、横浜美術館オリジナルクリアファイルをもらうことができます。ぜひこの機会にメールニュースに登録してみてはいかがでしょうか。

横浜発「おもしろい」画家!?中島清之の世界

「横浜発 おもしろい画家:中島清之-日本画の迷宮」は横浜ゆかりの画家・中島清之の作品を集めた企画展。
中島清之(1899~ 1989年)は、日本美術院の中核として活躍した画家で、日本画家・中島千波の父としても知られています。
中島氏の作品は、常に大きく作風を変えて観る者を驚かせたことから「変転の画家」とも評されました。「横浜発 おもしろい画家:中島清之-日本画の迷宮」では、代表作とともにスケッチや画稿もあわせて展示されます。
大正から戦後昭和という激動の時代に生きた画家が、次々と変わっていく画風の中で貫こうとしたものは何だったのか。中島清之という画家の全容に迫り、その軌跡をたどります。

コレクション展は、2015年第度第3期

コレクション展とは、横浜美術館が収集した美術品や資料を公開する展覧会で、多くの美術館・博物館では一般的に「常設展」と呼ばれているものです。10,000点を超えるコレクションの中から、毎回テーマを設定して常時200~300点の作品を厳選・展示しています。
2015年の第3期となる今回は、「抽象と構成~工業化と都市のイメージ」「神話とヌード」「無名都市~現代の写真に見る匿名の風景」「コムデギャルソンとアート」という4つのテーマで近代から現代までの作品が登場します。

■イベント詳細
名称:「文化の日」特別イベント 11月3日(火・祝)横浜美術館は無料開館!
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
無料観覧日:2015年11月3日(火・祝)
時間:10:00~18:00(最終入館は17:30)
料金:無料
公式サイト:http://yokohama.art.museum/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ