大丸東京で「第88回世界の酒とチーズフェスティバル」開催!仕事帰りにワインの試飲を楽しもう

  • 4288 |
  • 最終更新:

今年で88回目を迎える「世界の酒とチーズフェスティバル」が、10月14日(水)から20日(火)までの期間、大丸東京店の11階で開催されます。過去最多の世界24か国900種類ものお酒が並んだ光景は圧巻!ワインの他にも50種類のチーズや、世界三大珍味も用意されています。20歳未満お断りの大人な世界を楽しんでみませんか。

http://www.daimaru.co.jp/

世界の酒とチーズフェスティバルとは?

30年の歴史を誇る名物イベント

1975年に始まった「世界の酒とチーズフェスティバル」は日本で最も歴史ある、日本最大のワインフェアです。開始当初は「洋酒展」という名称で、ウィスキーを中心とした洋酒を輸入肉とともに販売するイベントでした。
後にワインの買い付けが始まり、男性中心だった来場者が女性中心にシフトしていきます。平成に入るとチーズの取り扱いも大きくなりイベント名に付きました。

高価なワインを試飲できる!

高価なワインを試飲してから購入できるというスタイルは、非常に画期的で、仕事帰りのサラリーマンやOLたちで賑わう名物催事となっています。毎年来場者数は1万人、3万本ものワインを売り上げていきます。

24カ国・900種類の酒が集結、試飲は100種以上

バリエーション豊富なラインナップを楽しめる

会場には世界24か国900種類以上のワインが集まり、毎日200種類以上のワインが試飲できます。
フランスやイタリアなどのワイン発祥の欧州の他、モロッコやチュニジア、南アフリカなどワインの産地として名高いアフリカの国々もラインナップ。
値段は1,000円以下から30,000円台までの幅広い価格帯で用意されています。まだ見たことのない新しいワインにきっと出会うことができます。ぜひ、味わいの違いを楽しんでみてください。

日替わりの有料試飲で、普段は手の届かない銘柄にチャレンジ!

日替わりで有料のワイン試飲もあり、フランス・ボルドーワインを中心に、普段は手に届かない特別銘柄が堪能できます。1杯50ml、10000円のものから、50ml、6000円ワインなどがあり、無くなり次第終了となります。また、購入したワインは12階の対象レストランに持ち込みをすることができ、夕食と一緒にワインを楽しめます!

ウィスキー・バー新登場、数量限定の有料試飲もあり

近年のウィスキーブーム到来に乗り、会場にウィスキー・バーが新登場します。国産、輸入どれも一杯30mlで堪能できます。ウィスキーは珍しいものや数量限定品が、5種類用意されています。
日本の「イチローズ モルト&グリーン」、アメリカのバーボンである「UFI ミクターズSバレル ライ ウィスキー」、イギリスの「ヘンドリックス ジン」、スコットランドの「シングルMオールド・プルトニー21年」、そして、台湾のウィスキー「雄山 カバラン ソリスト フィノストレングス」というラインナップ。特に台湾の「雄山 カバラン ソリスト フィノストレングス」は1杯2,000円という値段。数量限定のものは無くなり次第終了となりますので、飲んでみたいものを見つけた方は早めに試飲してみましょう。

■イベント詳細

名称:世界の酒とチーズフェスティバル
所在地:〒100-6701東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店11階 催事場
開催期間:10月14日~20日
開催時間:午前10時~午後8時、木・金曜日は午後9時まで、初日は午後3時開場 ※最終日は午後8時閉場。
※会期中のご試飲は閉店15分まで、最終日は閉場30分前までとなっています。
公式サイト:http://www.daimaru.co.jp/tokyo/sakefes/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ