閉園後の花やしきに妖かしたちが集合!10月31日に「浅草花やしきハロウヰン妖夜祭」を開催

  • 1678 |
  • 最終更新:

浅草の老舗遊園地「浅草花やしき」で2015年10月31日(土)の閉園後、「妖かし(あやかし)」しか参加できない「浅草花やしきハロウヰン妖夜祭」が開催されます。妖店マーケットをはじめ様々な企画でハロウィンを盛り上げます。

http://yanaka-furacoco.com/

「浅草花やしきハロウヰン妖夜祭」とは?

160年以上の歴史をもつ日本最古の遊園地「浅草花やしき」とタッグを組むのは、「アートギャルリ谷中ふらここ」が中心となり構成された社会人有志による企画チーム「妖店百貨展」。
「普段は人間社会に溶け込んでいる妖かしたちが本来の姿で楽しむ」ことをモットーとし、「妖かし」以外は入場禁止の和風ハロウィンパーティです。通常営業閉園後の浅草花やしきにて開催されます。
当日は、ジャック・オー・ランタンではなく、お化け提灯が灯をともし、妖怪をテーマとした妖店マーケットや妖かしたちのステージ、怪活動弁士 坂本頼光の無声映画上映などがあるほか、人気のアトラクションも稼働。今までにないハロウィンの夜を過ごせます。

妖かしでも人間でも入場OK!「昼の部」も開幕

イベント当日は、閉園後に行われる「ハロウヰン妖夜祭」へ向けて、白昼から遊園地を妖怪たちが支配していきます。誰でも参加できる「昼の部」では、妖店マーケットや妖怪たちの様々なパフォーマンスのほか、「花やしき妖かし行列」も開催され、妖怪も人間も一緒になって盛り上がります。
また、入退場が自由にできる「昼の部」では、合間に浅草観光も可能です。ぜひ、昼間から妖怪たちと盛り上がってみてください。

「アートギャルリ谷中ふらここ」とは?

2010年に台東区谷中にオープンした雑貨屋兼ギャラリー「アートギャルリ谷中ふらここ」は、「日本再発見」をコンセプトに店舗・イベント・百貨店催事の三本柱にて活動しています。
また、社会人有志を集めた企画チーム「妖店百貨展」を結成。2013年8月に所属商店街を舞台にした『妖店通り商店街』を初めて開催し、今年8月で3回目の開催となるなど地域と密着した妖怪イベントを成功させ、積極的に活動を行っています。

■イベント詳細
名称:浅草花やしきハロウヰン妖夜祭(夜の部)
開催日:2015年10月31日(土)
時間:18時30分~21時 ※入退場含む/雨天決行
参加資格:妖かし(特に規定なし。一部変化(お面や角のみ)でも歓迎。変化なしだと入場不可)
参加費:4,000円 ※一度入場すると、基本的に途中退場不可

名称:浅草花やしきハロウヰン(昼の部)
時間:10:00~17:30
参加資格:誰でも参加可。妖かし歓迎
参加費:1,000円※ 日中の入退場は自由

公式サイト:http://yanaka-furacoco.com/youyasai.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ