1000人の若手アーティストが大阪に集結!アートイベント「artDive2015」開催

  • 1743 |
  • 最終更新:

2015年10月17日(土)・18日(日)の2日間、関西最大級のアーティスト出展型イベント「artDive2015」が、インテックス大阪にて開催されます。全国のアーティスト1,000人による作品展示や販売パフォーマンス、ワークショップなどが行われ、大人も子どもも、アートを身近に感じられます。

www.facebook.com

artDive2015とは?

artDive2015は、2009年から開催されている全国のアーティストによる出展型イベントです。「artDive」は今年で10回目の節目を迎え、これまで開催してきた京都の会場を離れ、今回から日本最大級の国際展示場である「インテックス大阪」に舞台を移しました。そして、過去最多出展アーティスト1,000人による開催となります。

4つのエリアでアートを体感しよう!

エリアは4つに分けられ、アート鑑賞ができる「ギャラリーブースエリア」。クラフト、ファッション、雑貨を販売する「フリーブースエリア」。2日間に渡って、アーティスト達のライブペイントパフォーマンスが繰り広がられる「ライブペイントブースエリア」。魅力的な作品を制作できる、予約制の「ワークショップエリア」があります。広大な空間で、アートを体感してみましょう!

刺激的な2日間。関西最大のアートの祭典へ

「artDive」では、絵画や写真、イラストレーションなどの平面作品、ファッションやアクセサリー、雑貨など、約1万点を超える芸術作品・オリジナル作品が会場を埋め尽していきます。世界に1つの作品は、制作したアーティスト自身により展示・販売が行われます。訪れる来場者は作り手との交流を通じて作品の鑑賞や購入を楽しむことができ、気軽にアートの世界を楽しめます。
さらに公式ブースとして、全国から募集・選考された新進気鋭の18名のクリエイターによるアートパネル作品を展示・販売する「ARTDIVE EXHIBITION」が開催。全国各地のクリエイターから集められたポストカード作品を展示・販売する「ARTs*LABoポスカ展」や、ZINEと呼ばれるリトルプレスのオリジナル小冊子が、100タイトル以上展示販売される「MOUNT ZINE 10」なども同時開催されます。

新しいアートとの出会い、新しい世界との出会い。様々な出会いが、2日間に渡って国際展示場で繰り広げられます。

ワークショップも充実!アート作品を手軽に作ってみよう!

ワークショップエリアでは、他では体験できないアート体験を楽しめます!

木のスプーンに電熱ペンで絵を描く「焦がし絵講座」。
カラクリ仕掛けの連発式木工ゴム鉄砲を作れる「木工ゴム鉄砲講座」。
天然石などを組み合わせ、オリジナルの指輪を制作できる「ビーズ編み指輪講座」。
ドライハーブを閉じ込めて好きな香りを垂らし、熟成させる「モイストポプリ講座」

上記のような、小さなお子様から大人まで気軽に作品づくりを体験できる、ワークショップ全10講座が2日間にわたって開催されます。

また、全てのワークショップは予約制となっています。
予約は公式サイトの予約フォームから行えますので、気になる方は要チェックです!

■イベント詳細
名称:artDive2015
内容:アーティストによる作品展示・販売・ワークショップなど
日程:2015年10月17日(土)・18日(日) 11:00~18:00
会場:インテックス大阪 1号館
アクセス:電車 南港ポートタウン線「中ふ頭」駅から徒歩約5分
      車 阪神高速4号湾岸線「南港北出口」から約8分
      詳しい地図やアクセスはこちら
      https://artdive.net/about/access.php 
出展者数:1,000人
ブース数:1,000ブース(2日間合計・予定)
入場料:当日券700円 前売券500円(小学生以下は入場無料)
公式HP:https://artdive.net/ 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ