愛知県芸術劇場で前衛音楽の祭典「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」が開催!

  • 262 |
  • 最終更新:

2016年2月27日(土)と2月28日(日)の2日間、愛知県芸術劇場小ホールで「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2016」が開催されます。今までの音楽の定義に当てはまらない、様々な音を使ったパフォーマンスが作品が集結する一風変わったコンサートです。

http://www.aac.pref.aichi.jp/

「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」とは?

サウンドパフォーマンス・プラットフォームは、愛知芸術文化センターが毎年開催しているコンサートイベントで、若手アーティストの登竜門として名が知られています。

このコンサートでは、通常のコンサートなどからはこぼれ落ちてしまうような前衛的な音楽作品を「サウンドパフォーマンス」という広い視点で審査し、アーティストを発掘します。

選出された、過去の作品は、映像を音声に変換する、関節を鳴らす、ハードコアバンドと高下駄など、既存のコンサートや生演奏付きダンス公演を超越した、実験的な作品ばかりです。

4組のアーティストに加えて、公募から選ばれた7組が登場!

2016年2月27日(土)から2月28日(日)までの2日間にわたって開催される「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」。当日は、ゲストに4組のアーティストが登場します。

初日には、蛍光灯を使用した自作音具「オプトロン」を制作し、現代美術側から音楽へのアプローチを続けている伊東篤宏と、編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースパンドの形態で演奏する「空間現代」が出演します。

2日目には、テスト用の信号音(サインウェーブ)を使った電子楽器を演奏し、国境を越えて活躍する即興音楽家Sachiko Mと、国内外のさまざまなアーティストとコラボして、自身の体に微視的なアプローチをしたソロダンスや、体を物質的に扱った振付作品を数々発表するニュータイプの舞踏家、捩子ぴじんがパフォーマンスを行います。

さらに、公募から選ばれた7組んぽアーティストが登場するなど、新たな時代の寵児誕生の瞬間を目撃する絶好のチャンスです。

■イベント詳細
名称:サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2016
会場:愛知県芸術劇場小ホール
場所: 愛知県名古屋市東区東桜1−13−2
開催日:2016年2月27日(土) 、 28日(日)
開催時間:2016年2月27日(土)14:00開演
                         2月28日(日)17:00開演
料金:一般 2日通し券 3,500円/1日券 2,500円
   学生 2日通し券 2,500円/1日券 1,500円(25歳以下・要学生証) ※高校生以下は無料
公式サイト:http://www.aac.pref.aichi.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ