横浜「ショートショートシアター」に、世界のおバカ短編映画が世界から集合!映画館で爆笑しよう

  • 1105 |
  • 最終更新:

横浜・みなとみらいにある「ショートショートシアター」にて、「“おバカ”ショートフィルムプログラム」が2015年11月1日(日)から11月30日(月)までの期間限定で上映されます。世界中からの“おバカ”なショートムービー6作品で、爆笑してしまうこと間違いなしです!

https://www.value-press.com/

「“おバカ”ショートフィルムプログラム」とは?

2015年11月の「ショートショートシアター」は、「笑い」をテーマにした作品の上映で爆笑に包まれます!
上映される作品は6つ。ほとんどの作品が10分前後という短さで気軽に鑑賞できます。制作者のセンスで、限られた時間に面白さが凝縮されているので、短編と言えど見応え十分。制作国も、アメリカ、フランス、イギリスなど様々なので、いろいろな国の映像文化に触れることもできます。

どんなショートフィルムが上映される?

とにかく“おバカ”がテーマなので、笑えるものが目白押しです。
アメリカで制作された「記録」は、実際にあった裁判記録から抜粋したセリフを使用し、コピー機を使ったことがあるかないかを弁護士が公務員に質問し続けるというもの。
同じくアメリカの作品「追いかけっこ」は、恋人のバッグをひったくられた男性が、犯人の男を一日中追いかけまわすと、いつの間にやら友情が・・・そして予想外のラストへという、ハプニングムービーです。
カナダから登場するのは「テキストメッセージ」という作品。「hey there sexy」というメッセージから思いもよらぬ展開が巻き起こります。男の“おバカ”な所が浮き彫りになるユーモア溢れる作品です。
ほかにも夢中になれる作品が3作、合計6作品が登場します。

「ショートショートシアター」とは?

日本で初めて短編映画のために作られた、横浜・みなとみらいにある映画館です。才能のある若手監督の作品が発表される場所が少ないという問題を解決するために、新しい才能を発掘し、出発点にしてほしいとの想いで作られました。
世界中が注目する「ショートムービー」という新境地。今後も、短編映画の世界から目が離せません。

イベント詳細

名称:“おバカ”ショートフィルムプログラム
所在地:ブリリア ショートショート シアター(横浜市西区みなとみらい5丁目3番1 Filmee 2F)
営業期間:2015年11月1日(日)~11月30日月)
料金:大人・学生¥1,000/小人(3歳~中学生) ¥800
シニア(60歳以上) ¥800  ハンディキャップ(付き添いの方1名まで同額)¥800
公式サイト:http://www.brillia-sst.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ