宮内庁御用達「山田平安堂」と名店のシェフがコラボ!「漆器で魅せる、フレンチディナー」開催

  • 892 |
  • 最終更新:

2015年10月19日(月)から23日(金)までの期間、東京・丸の内「センチュリーコート」内「レストラン ロゼット」にて、「漆器で魅せる、フレンチディナー」が提供されます。宮内庁御用達で知られる「山田平安堂」の漆器と「レストラン ロゼット」シェフとのコラボレーションディナーという魅力的な組み合わせのディナーを紹介します。

「漆器で魅せる、フレンチディナー」とは?

通常は作る料理に合わせて、どんなお皿にするか、どの器を使うかを選びますよね。
しかし今回のイベント「漆器で魅せる、フレンチディナー」では、「山田平安堂」の漆器の魅力を前面に押し出したディナーを味わうことができます。「山田平安堂」の漆器に合わせた料理を、シェフが考案し提供するというスタイルです。
「山田平安堂」の漆器は、宮内庁御用達というお墨付きですので、料理の味や香りはもちろん、見た目の美しさにもぜひ注目したいメニューになっています。

見た目に美しく味も美味しいコース料理

前菜の「野菜のテリーヌと魚介のマリネ」から始まり、「黒さつま鶏と茸のヴルテ」「長崎産白身魚のヴァプール」と続き、メインディッシュの「国産牛サーロイングリエと牛舌のブレゼ」が登場します。ロゼに仕上げられた国産サーロインのお肉も最高ですが、サイコロ型に切り取られた野菜との華やかさが美しい一品です。
食べるのがもったいないような気分になってしまうこと間違いなしです。ソースは、黒トリュフの香りがたまらない贅沢な料理です。
デザートには焼き菓子「プティ・フール」が付きます。

「山田平安堂」とは?

今回のイベントの主役となる「山田平安堂」は、1919年創業の由緒正しき漆器店です。創業から伝わる伝統の技を継承しつつ、平成という時代に合わせてさらに進化を遂げている名店です。
日本文化を積極的に取り入れながらも、オリジナリティ溢れる新作を次々と生み出していく「山田平安堂」にこれからも注目したいですね。若い世代の方にも見ていただきたい品も揃っています。

老舗の名店と、東京でも指折りのレストラン・シェフがコラボする今回の料理。ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細

名称:レストラン ロゼット「漆器で魅せる、フレンチディナー」
所在地:東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 B1F
営業期間:10月19日(月)~23日(金)
営業時間:18:00~23:30 (L.O. 21:30)
料金:12,000円(税サ別)
公式サイト:http://www.century-court.com

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ