700台の旧車がお台場に大集合!イベント盛りだくさんの「お台場旧車天国2015」へ行こう!

  • 3428 |
  • 最終更新:

2015年11月22日(日)に、旧車のお祭り「お台場旧車天国2015」が開催されます。700台ものクラシックカーやバイクがお台場に集結し、中にはマニアをも唸らせる旧車も出現します。イベントも盛りだくさんの「お台場旧車天国2015」を紹介します。

「お台場旧車天国2015」とは?

お台場の広大な敷地を利用して、700台ものクラシックカーやバイクが集結する「お台場旧車天国2015」は、旧車ファンの方はもちろん、家族連れでも楽しめるイベントとなっています。今年は、輸入車エリアも増設されたことで、より多くの旧車を見ることができるようになっています。旧車の展示は大きな見どころですが、それ以外にも即売会やステージイベントなど、様々な催しが行われます。
「お台場旧車天国2015」の目的は旧車業界の活性化。それに加えて、クルマの趣味を次世代につないでいくためのイベントにしたいという思いもあるそうです。最近では若者の車離れが叫ばれているため、若年層にも車への興味をもってもらうイベントとしても注目されています。

歴史ある貴重な車から、個性あふれる車までを一挙に公開

「エントリー車両ゾーン」は、メインイベントとなる車両の展示です。「天国エリア」と「地獄エリア」に分かれ、700台もの車両が展示されます。
「天国エリア」には、1985年以前に生産された貴重な車が展示されます。
一方「地獄エリア」は、1986年以降に生産された、個性あふれる車両が展示されます。
天国エリアはもちろん、「マニアックすぎる」車両も展示される「地獄エリア」は、前回も好評だっただけに、今年も期待がもてます。

古物市や企業ブースで買い物を楽しめるエリアも登場!

「お買い物天国」スペースでは、「スワップミート」と呼ばれる古物市や、企業ブースがところ狭しと並びます。スワップミートでは古本・資料といった紙媒体の販売や、絶版となったパーツの販売など、貴重なものが登場する可能性もあります。
なお、企業ブースでは、入場券についている500円分の金券が使用できますので、賢く利用しましょう。この他にもライブイベントや、親子で楽しめるイベントもあります。

■イベント詳細
名称:お台場旧車天国2015
所在地:臨海副都心青海地区お台場特設会場
営業期間:2015年11月22日(日)
営業時間:9:30~15:30
料金:当日券 一般(中学生以上)1,200円
前売券 一般(中学生以上)1,000円
公式サイト:http://www.oldtimer.jp/tengoku/


この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ