シリーズ第2弾「小沢剛展 帰って来たペインターF」資生堂ギャラリーで10月23日より開催!

  • 1266 |
  • 最終更新:

東京・銀座にある資生堂ギャラリーにて、10月23日(金)から12月27日(日)までの2か月間、「小沢剛展 帰って来たペインターF」が開催されます。戦後70年の節目でもある今年は、日本各地で戦争と美術の関連をテーマにした展覧会が催されています。今回の作品も、戦争の時代を生きた日本人画家がテーマ。気になる内容についてご紹介します。

http://www.shiseidogroup.jp/

「小沢剛展 帰って来たペインターF」とは?

小沢氏は、2013年に開催された「第5回アフリカ開発会議」の展覧会において、福島出身の野口英世の生涯をもとに独自の解釈とフィクションを交えて制作した「帰ってきたDr.N」を発表しました。今回は、その「帰って来た」シリーズの第2弾。戦争中にインドネシアで従軍した架空の日本人画家「ペインターF」の、戦前から戦後にかけての生きざまを物語にして、絵画と映像作品に仕上げました。

この物語を制作するにあたって小沢氏は、実在した従軍画家たちをリサーチすることからスタートしました。今なお残されている記録や研究資料をもとに、日本人の一方的な考えに陥らないように、インドネシアの美術史家、ペインター、ミュージシャンらとも対話を重ね共同で制作しているとのこと。今、インドネシアと日本に生きる者たちが相互的な視野のもとに歴史を振り返り、“ありえたかもしれない”過去を想像して創りあげた作品の数々を、じっくり堪能してみてください。

11月3日、12月6日、参加費無料の関連イベント開催

同展の関連イベントとして、11月3日に資生堂銀座ビル3階の花椿ホールにおいて、フランスを中心に活躍した日本人画家、藤田嗣治の半生を描いた映画「FOUJITA(フジタ)」の監督・製作・脚本を手がけた小栗康平氏とのトークセッションが開催されます(参加費無料、定員200名)。
また、12月6日には資生堂銀座ビル9階のワードホールにおいて、インディペンデント・キュレーターで同展のインドネシアコーディネーターのLeonhard Bartolomeus氏とのトークセッションも実施されます(参加費無料、定員60名、英逐次通訳付)。
参加希望の方は、資生堂ギャラリーウェブサイトからお申込みを。
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/

小沢剛って、どんなアーティスト?

小沢剛氏は1965年、東京生まれ。1991年、東京藝術大学大学院美術研究科壁画専攻修了。時代や歴史を見つめた、しなやかな感性と創造力でユーモアと機知に富んだ作品が国内外で高く評価されています。
代表作は、世界各地に自作の地蔵を置き写真に収めた作品「地蔵建立」、牛乳箱を用いてアートを展示する超小型移動式ギャラリー「なすび画廊」、 美術史の名画を醤油で模写する「醤油画資料館」、野菜で作られた武器を持つ女性のポートレイトのシリーズ「ベジタブル・ウェポン」などがあります。
2013年のフェスティバル/トーキョーでは、イェリネクの戯曲「光のない。(プロローグ?)」の演出に挑むなど活動の幅を広げ、今最も注目を集める日本人アーティストです。


■イベント詳細
名称:「小沢剛展 帰って来たペインターF」
会期: 2015年10月23日(金)~ 12月27日(日)
会場:資生堂ギャラリー 
   東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
開催時間:【平日】11:00~19:00 【日曜・祝日】11:00~18:00
休日:毎週月曜(月曜日が休日にあたる場合も休館)
入場料:無料
公式サイト:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ