有楽町に「デロリアン」が登場!「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート2015

  • 4926 |
  • 最終更新:

2015年11月23日に開催される「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート2015。その開催に合わせて、劇中に登場するタイムマシン「デロリアン」が、東京国際フォーラムの地上広場に展示されることが決定しました。コンサートの内容とともに詳細をご紹介します。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」関連イベントまとめはこちら!→2015年10月21日はバック・トゥー・ザ・フューチャーの未来の日!関連イベントまとめ

「デロリアン」とは?

「デロリアン」は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した、車型のタイムマシンです。劇中で、「ドク」ことエメット・ブラウン博士が開発したものとして世界的に知られています。「デロリアン」は、実際に製造されたDMC-12という車がモデルになっています。未来的なステンレスの外観と、ウィングドアも実際の仕様でした。この車自体はヒットせず、販売台数は1万台未満だったのですが、映画のヒットに伴い、現在もコレクターが「デロリアン」を所有しているそうです。
今回日本に登場する「デロリアン」は、リサイクル会社の「日本環境設計(株)」のもの。この会社は着なくなった服を燃料にして「デロリアン」を走らせるプロジェクトを10月21日に予定しているので、ファンの方はこちらにも注目してください。

節目の年「2015年」

2015年が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にとって節目の年であることをご存知でしょうか?実は、第1作の公開から30年目の年が2015年で、第2作で主人公たちがやってきた未来の年もまた2015年なのです。
その節目の年に、シリーズ第1作を生演奏とともに上映するというコンサートが世界中で行われています。そして今回、日本でも上映されることになりました。

迫力ある音と楽しむ「バック・トゥー・ザ・フューチャー」

コンサートでは、80名ものフルオーケストラの演奏とともに、第1作が上映され、どんな熱烈なファンでも唸ってしまうこと間違いなしです。何回も見たシーンでも、きっと新鮮な気持ちで鑑賞することができるでしょう。映画と音楽の素晴らしいシンクロを見逃さないようにしたいですね!
映画を楽しんだあとは、「デロリアン」をじっくりと鑑賞しましょう。夢と希望のタイムマシンを見て、最高の思い出になりそうです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」関連イベントまとめはこちら!→2015年10月21日はバック・トゥー・ザ・フューチャーの未来の日!関連イベントまとめ

■イベント詳細

名称:「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート2015
所在地:東京国際フォーラム・ホールA(有楽町)
営業期間:2015年11月23日(月・祝)
営業時間:13時開演(12時開場)、17時30分開演(16時30分開場)
料金:S席9,800円 A席7,800円(税込)
公式サイト:http://bttf-live.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ