心地よい人と物とのつきあい方を考える。良品計画主催「STOCK展」が開催

  • 557 |
  • 最終更新:

これからの人と物とのつきあい方を探る「STOCK展」が、2015年10月2日(金)から19日(月)まで、池袋西武の「SEIBU GALLERY」にて開催されています。主催は無印良品の約6,500アイテムもの企画・販売を通して、快適な人の暮らしと物のあり方を考え続けてきた良品計画。「感じよいくらしの実現」をテーマに商品を生み出す過程で生まれた多数のアイディアを提案しています。

「STOCK展」とは?

他人から見ればゴミ同然のものも、大切にしている人にとってはかけがえのない物。人と物とのつきあいは、単純にひとつの価値観で決定できない、複雑な要素をはらんでいます。「とるにたらないもの」や「つかえないもの」でも、それが集まることによって何か大きな意味を持つこともあります。そんなくらしの中での「STOCK」について、考える機会を提供するのが「STOCK展」です。

企画展のテーマは「気づきを、備える。」

ひとつひとつでは価値が見えにくい物も、集めることで何かの役に立つ糸口となることもあります。それは、私たちが日々蓄えている「気づき」についても同様です。
「STOCK展」では、デザイナー・熊谷彰博のディレクションと、岡本健によるグラフィックデザイン、Gottinghamによるフォトグラフで、私たちにとって何が大切なのかを思考し、人と物とのつきあい方を探る企画展が開催されます。アーティストは他にも、Hender Scheme、大谷猶子、織作誠らが参加しています。

無印良品の収納アイテム展示「くらしと収納」も

「収納はくらしの景色を作ることで、決して物を整理して蓄えるだけの行為ではない」。そんなことを考えさせてくれる無印良品の収納アイテムが、期間限定でスペースを広げて展示されます。
好きなものを無作為に並べただけの景色も、取り出しやすくしまいやすいように整理整頓した景色も、それぞれの人にとって心地よい風景
そんな、「人にとって心地よい収納」を考えさせてくれる展示です。

■イベント詳細

名称:STOCK展
所在地:西武百貨店 池袋本店 別館2F SEIBU GALLERY
営業期間:2015年10月2日(金)〜19日(月)
営業時間:10:00〜21:00(土、日、祝および最終日は20:00閉場)
料金:無料
公式サイト:http://www.muji.net/mt/events/event/028090.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ