幻の牛肉「尾崎牛」料理が堪能できる!ホテルニューオオタニ大阪で食欲の秋を満喫しよう

  • 1341 |
  • 最終更新:

ホテルニューオータニ大阪は「尾崎牛ハンバーグととろけるビーフシチュー」や「尾崎牛すき焼き&松茸丼」など、幻の和牛として名高い尾崎牛を使った厳選メニューを、2015年10月1日(木)からホテル内のレストランで提供しています。

ホテルニューオータニ大阪とは?

大阪城の東に位置する大阪ビジネスパーク内に建つホテル。室内プール、屋内プール、テニスコートやリラクゼーションスペースが完備されたフィットネススペースが充実し、リゾート感覚に溢れる国際的なホテルとして有名です。また、大阪城公園の目の前に位置し、大阪城の天守閣が望める部屋が人気を集めています。

幻の和牛尾崎牛とは?

尾崎牛とは、宮崎県宮崎市の尾崎宗春氏がこだわりを持って飼育している和牛。天然水と、ビールの搾り粕やとうもろこしなどの自家配合肥料とで育てられています。通常の飼育牛より約4ヶ月も長く生かす飼育法により、「生きながら熟成する」ことから究極の和牛と呼ばれています。また、毎月30頭しか出荷されず、入手が困難なことから「幻の牛」とも呼ばれます。
尾崎牛の魅力は深い旨味がある赤みと、上質な脂のバランスにあります。ジューシーながらもあっさりとしていて、とろけるような食感が味わえると、国境を超えて世界中の名だたるシェフから注目を集めています。

和、洋、中と様々なジャンルの尾崎牛が味わえる!

様々なジャンルの一流レストランが集まるホテルニューオータニ大阪。今回、味覚の秋に合わせ、各レストランが尾崎牛を使ったオリジナル料理を準備します。

尾崎牛ハンバーグととろけるビーフシチュー(フランス料理SAKURA)
今年の8月に開催された「第1回ハンバーググランプリ」のデラックスハンバーグ部門で金メダルに輝いたメニュー。尾崎牛100%のハンバーグに、とろとろに煮込んだ尾崎牛のビーフシチューがかけられています。2つ重ねられたハンバーグの間には、じゃがいもグラタンが挟まれており、フレンチらしい細やかな技が光る一品です。

尾崎牛のすき焼き&松茸丼御膳(季所 一心)
割り下を使わず、尾崎牛のリブロースを牛脂とザラメで焼き、味付けはシンプルに濃口醤油で関西風すき焼きに仕上げ、秋の味覚の代表の松茸や焼き豆腐と共にご飯の上にのせた一品です。さらに温泉卵を仕上げにのせた、とても贅沢なすき焼き丼です。

尾崎牛&トリュフの小籠包(中華料理大観苑)
高級食材であるトリュフ混ぜ込んだ尾崎牛のひき肉をほうれん草の皮で包み、仕上げにスライスしたトリュフをのせた小籠包。その絶妙な味と香りが食欲をそそるメニューです。食べ応えのある特選コースの中の一品です。

尾崎牛の串焼き〜秋の味覚グルメコース〜(串・創作料理 味寛)
わさびと特製ソースで本来、肉が持つ旨味を最大限に活かした尾崎牛の串焼きをはじめ、秋の味覚が踏んだに使われた串コースです。

秋の収穫祭〜尾崎牛と佐賀牛〜(鉄板焼 けやき)
「幻の肉」尾崎牛のロース肉と佐賀県が誇る佐賀牛フィレ肉の食べ比べができる贅沢なコース。前菜も鴨フォアグラ、活オマールエビ、松茸など、メインディッシュに引けを取らない豪華な食材を使っています。

同じ尾崎牛という牛でも、使う部位やジャンルによって様々なメニューに変身します。「幻の牛」がいろいろな形で味わえる滅多にないこの機会に、その味を楽しんでみてはいかがですか。

 

■イベント概要
場所:ホテルニューオータニ大阪 大阪市中央区城見1−4−1
開催日:10月1日〜 ※終了日は各レストランにより異なる
時間:各レストランにより異なる
料金:各レストランによって異なる
公式サイト:http://www.newotani.co.jp/osaka/

 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ