海外へ日本文化を発信!ホステル「BUNKA HOSTEL TOKYO」12月浅草にオープン

  • 3633 |
  • 最終更新:

浅草に新しい外国人観光客向けホステルが誕生します。浅草のアーケード街の築30年の商業ビルをリノベーションしてオープンするのは、「BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)」。現代の日本文化を発信するスポットとして、2015年12月14日にオープン予定です。

「BUNKA HOSTEL TOKYO」を運営するのは

「BUNKA HOSTEL TOKYO」を運営するのは、株式会社スペースデザイン。世界最大の旅行口コミサイトで「エクセレンス認証」を受賞した「レジデンシャルホテル ビーコンテ浅草」を経営している会社です、
今回、古き良き下町の風情が残る浅草に外国人観光客をターゲットにしたホステルをオープンすることにより、日本の文化をさらに世界にアピールしていきます。事業パートナーとして企画・設計・運営にたずさわるUDS株式会社は「ホテル アンテルーム 京都」などを手がけた実績があります。

すでに予約受付中!「BUNKA HOSTEL TOKYO」

「BUNKA HOSTEL TOKYO」では、すでに予約受付が開始しています。ベッド数は128床。バンクベッドが中心で、シングルタイプのドミトリー、最大4名まで宿泊できるファミリールームの3タイプです。禁煙室や女性専用フロアが設置され、利用者にリーズナブルな料金と安心感を提供します。
1階の「居酒屋 BUNKA」は宿泊者だけではなく、誰もが立ち寄れる居酒屋で、異文化コミュニケーションが生まれる場所となります。ホステル最上階7階には宿泊者専用のダイニングがあります。

「BUNKA HOSTEL TOKYO」トークイベント開催

2015年11月7日(土)、UDS株式会社は「ホテル アンテルーム 京都」で、BUNKA HOSTEL TOKYOプロジェクトでコラボレーションしているアーティスト、高橋理子氏とトークセッションなどのイベントを行います。また11月7日から11月30日(予定)まで、同ホテルのギャラリースペースで高橋理子氏のリノベーションをテーマにした作品・写真が展示されます。

■施設概要
施設名:BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)
開業日:2015年12月14日(予定)
所在地:東京都台東区浅草1-13-5
料金:バンクベッド(3,000円~/人)、シングルタイプのドミトリー(5,000円~/人)、
ファミリールーム(16,000円~/室)
アクセス:東京メトロ銀座線「浅草駅」または「田原町駅」徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」徒歩5分 東武鉄道「浅草駅」徒歩5分
つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩1分
URL: http://bunkahostel.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ