道頓堀が巨大回転寿司に!?大阪のまちを舞台としたアート展「おおさかカンヴァス」開催!

  • 2564 |
  • 最終更新:

大阪のまちを舞台にしたアート展「おおさかカンヴァス2015」が、2015年10月3日(土)から12日(月)、16日(金)から18日(日)の期間、大阪の中之島公園や道頓堀、中之島GATE、大阪ビジネスパークにて開催されます。

http://osaka-canvas.jp/

「おおさかカンヴァス2015」の概要・魅力について

おおさかカンヴァスとは、大阪の新たな都市魅力の創造と発信を目的として、平成22年から開催されているイベントです。まち全体をカンヴァスに見立て、アーティストによる芸術・アートの発表の場とすることで、アーティストの想いやアイディアを実現する機会を提供するとともに、地域や都市の新たな魅力を発見することを目的としています。

今回で5回目を迎える大阪府主催の同展は、今や大阪を代表する官民コラボ企画として根付いています。発表される作品は、道頓堀を大きな寿司オブジェが流れる、Class株式会社の「ローリングスシー」や、手作りの照明オブジェで子供たちに希望とぬくもりを届ける、あかりバンクの「街角の電気スタンド」、またプロの潜水士たちが大阪の街を「水槽」と見立てて、黙々とデスクワークをするビジネスマン・ウーマンを描いた水中の便利屋がお届けする「水面下で働く人」など、大阪の名所や公共施設を活用したユニークな作品たちが見事な世界観をお届けします。

「おおさかカンヴァス2015」の会場とスケジュールについて

同展の作品は、大阪の中心街各地にてそれぞれ期間限定で発表されます。エリアは大きく分けて「中之島公園エリア」「中之島GATEエリア」「道頓堀エリア」「大阪ビジネスパークエリア」の4つに分かれます。
特に大阪市役所や図書館、なにわ橋駅や北浜駅など大阪の主要公共施設が点在する「中之島公園エリア」では道頓堀以外の全作品が展示され、例年多くの方々が観覧に訪れています。
その他にも、道頓堀の川を利用する作品や、公園での物語など、作品の内容や特徴を活かしたアーティスティックな世界観をぜひお楽しみください。また天候や交通状況などにより、予定されている発表スケジュールが異なる場合がありますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

■イベント詳細

名称:おおさかカンヴァス2015
所在地:中之島公園・道頓堀(とんぼりリバーウォーク)・中之島GATE・大阪ビジネスパーク
発表期間:平成27年10月3日(土)~12日(土)/ 16日(金)~18日(土)
発表時間:作品によって異なる
料金:無料
公式サイト:http://osaka-canvas.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ