「新あたしンち」放送開始&新刊発売記念!大手町・読売ホールで「あたしンち展」開催中!

  • 1712 |
  • 最終更新:

人気マンガ「あたしンち」の21年を振り返る「あたしンち展」が、東京大手町の読売新聞・東京本社3階の「よみうり大手町ホール ギャラリー」で開催中です。こちらは入場無料で、10月29日(木)まで、どなたでもご覧いただけます。まだまだ残り期間がありますので、ファンの方のみならず、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

prtimes.jp

「あたしンち展」とは?

「あたしンち」は、読売新聞・日曜版に1994年から2012年の3月まで、約18年にわたって連載されていた人気マンガです。2002年にはテレビアニメ化され、2009年まで7年にわたり放映。アニメのみならず映画、グッズなど、さまざまな媒体でも愛されてきました。「あたしンち(タチバナ家)」の母は大雑把でおおらかで、周囲を騒動にまき込んでしまう人、娘みかん(あたし)はちょっとドジな普通の女子高生、弟のユズヒコは冷静だけど母や姉の「被害者」になりやすく、そして無口で何を考えているのかわからない父。このタチバナ家のあたり前の日常が、明るく楽しく描かれていて、今なお多くのファンに支持されています。今回開催される「あたしンち展」は、「あたしンち」の最新刊、そして最終巻となる21巻が、10月2日(金)に発売となること、そして新作アニメ「新あたしンち」が、アニマックスで10月から放送されることを記念して開催されています。

21年間の歴史と歩みを余すところなく展示

よみうり大手町ホール ギャラリーの壁一面に、「あたしンち」のコミック単行本の歴代表紙などが所狭しと貼ってあります。また、貴重な第1回目の連載作品や、映画、テレビCMなど、メディア展開の記録も展示されています。ほかにも、ぬいぐるみ、フィギュアなどのマーチャンダイジング商品もあります。連載開始から21年間の歴史と歩みを、じっくりと振り返ることができます。

新作アニメ「新あたしンち」が、アニマックスに帰ってってくる

原作者けらえいこ先生描き下ろしのオリジナル脚本で、新作アニメ「新あたしンち」が帰ってきます。アニマックスをご覧になれる環境の方は、ぜひアニマックスの公式サイトをチェックなさってみてください。ちなみに、無料動画配信サイトの「GYAO!」では、アニメ「あたしンち」の無料配信が行われています。毎週金曜日に配信エピソードが更新される予定ですが、更新日は予告なく変更されることがあります。
 

■イベント詳細
名称:あたしンち展
開催期間:2015年9月29日(火)~10月29日(木) 常設展示
場所:読売新聞東京本社3階 よみうり大手町ホール ギャラリー(東京都千代田区大手町1-7-1)
入場料:無料
公式サイト:http://www.atashinchi.net/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ