日本にいながら本場スペインのパエリアが楽しめる!新宿タカシマヤに専門店「ミゲルフアニ」登場

  • 6165 |
  • 最終更新:

スペインの国際パエリアコンクールでチャンピオンに輝いたパエリア専門店「MIGUEL y JUANI(ミゲルフアニ)」の日本1号店が、2015年11月中旬に、新宿タカシマヤ タイムズスクエアレストランズパークの13階にオープンします。日本初上陸の本場スペインのパエリアを味わえる店舗です。

www.atpress.ne.jp

MIGUEL y JUANI(ミゲル フアニ)とは?

「MIGUEL y JUANI(ミゲル フアニ)」は、スペイン料理界若手No.1と称される料理人、Paco Rodriguez(パコ ロドリゲス)がプロデュースするレストランブランドです。2007年からスペイン国内で数々のコンクールで受賞し、パエリア職人世界一と呼ばれる「スエカ国際パエリアコンクール」で2014年にチャンピオンとなりました。日本で本格的なパエリアを提供したいという強い思いで、本場バレンシアの本格パエリアや、パスタのパエリアであるフェデウアが提供されます。スペイン産生ハムなどのタパスやオススメのスパークリングワインなども堪能できます。

日本で本場スペインのパエリアを堪能しよう!

本場スペインのパエリアは、しっかりと米に歯ごたえがあるのが特徴。メニューには米のパエリアとショートパスタのパエリアであるフェデウアがあります。米のパエリアはバレンシア風から魚介など、パエリア定番のものから、イベリコ豚とキノコのパエリアや野菜のパエリア、イカ墨のパエリアなど、日本では珍しいパエリアが揃います。
フェデウアには魚介や野菜、イカ墨のフェデウアなどがあり、どれも食欲をそそります。タパスやワインもスペイン産を使用しており、素材からこだわっています。スペインから取り寄せられたタイルをモダンに使用した店内のインテリアにもこだわりが光り、本場スペインの味と雰囲気を日本にいながら体感できます・

MIGUEL y JUANIは地元バレンシアでも大人気店!

1988年に開店したレスタウランテ・ミゲル・イ・フアニ(原文:Restaurante Miguel y Juani  )は、パコ・ロドリゲスの父であるミゲル・ロドリゲスと母フアニ・カバジェロの夫婦によって創業されました。ミゲル・フアニの夫妻は当初、現在のバールを営むスペースで、看板でもある米料理・パエリアなどの提供をはじめました。次第に人気店となり現在でもその人気は衰えていません。近年は、ミゲル・フアニ夫妻や息子のパコ氏の努力で様々なコンテストで賞を獲得。バレンシア州で人気店となっています。レスタウランテ・ミゲル・イ・フアニはスペイン・バレンシア州の南西にある町「アルクディア(L'Alcudia)」に位置し、アントニオ・アルメラ通りを外れたピサル通りにあります。スペインを訪れる機会がある方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

■店舗詳細
店舗名:ミゲル フアニ 新宿タカシマヤ タイムズスクエア店
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号 新宿タカシマヤ タイムズスクエア レストランズパーク13F
席数:69席 (カウンター席9席、テーブル席40席。テラス席20席。予定)
営業時間:11:00~23:00 (22:00LO) 
定休日:年中無休(施設に準じる。)
WEBサイト:http://www.ratin-service.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ