神楽坂の街が伝統芸能一色に染まる!「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2015」開催

  • 1444 |
  • 最終更新:

2015年11月14日(土)・11月15日(日)に、神楽坂のまち全体を舞台として「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2015」が開催されます。日本を代表する様々な伝統芸能を、世代を超えて多くの人にわかりやすく楽しく紹介するとともに、神楽坂の魅力に触れる「まちと人が一体になった祭」として注目されています。

www.artscouncil-tokyo.jp

神楽坂まち舞台・大江戸めぐりとは?

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」は今年で3回目の開催で、神楽坂の地元住民の人々と共に実施されています。「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」では、神楽坂を支えてきた地元の方々の協力で、若手からベテランまで神楽坂に縁の深い伝統芸能の第一線で活躍する様々なジャンルのアーティストが集結します。路地を歩きながら演奏する「新内流し」や芸妓さんの「お座敷遊び」など、神楽坂らしい企画が盛りだくさんです。

前夜祭から楽しめる、神楽坂の賑やかな夜を体感

11月14日(土)に行われる前夜祭では、神楽坂ゆかりの古典芸能演者によるミニライブが開催されます。お店の雰囲気に浸りながら楽しむ演奏と、粋なお話は止まりません。多くの文化を生み出した「神楽坂の夜」ならではの魅力が楽しめます。

神楽坂ゆかりの古典芸能者が、午後3時から午後9時30分までの時間で神楽坂のお店を巡っていくこのイベントは、「ザ・ロイヤルスコッツマン」からはじまり、「龍公亭」、「風雅すたいるカフェ」、最終地点アグネスホテル東京カフェ&バー「オントレ・アー」を巡ります。

また、道中には「神楽坂路上界隈 新内流し」に出くわします。風情のある石畳の神楽坂の路地や横丁で、偶然のように出逢う「流しの芸能」。地元在住の人間国宝の一門が、前夜祭と本祭の両日、神楽坂界隈を流していきます。男は吉原かぶり、女は吹き流しの手ぬぐい、粋な着こなしに江戸風情が漂います。

そのほか、「神楽坂路上界隈 城端曳山祭(じょうはなひきやままつり)庵唄(いおりうた)」、にも出会えます。城端曳山祭の「庵唄」は、約三百年の伝統を誇る城端曳山祭で伝承されました。江戸端唄の流れをくむ城端独特の「庵唄」の一門が、今年も神楽坂を練り歩きます。神楽坂路上界隈は前夜祭、本祭両日に開催されるので、どちらかしか行けないという方も安心です。

本祭では街角ライブやスタンプラリー、講釈場が登場!

午後12時から午後4時30分頃には毘沙門天善國寺境内に設けられたステージが講釈場になります。
江戸時代の情報発信の場として機能していた講釈場には、若手講釈師が神楽坂の歴史にちなんだ講談を口演する他、琵琶語りや浄瑠璃などさまざまな語り芸が登場します。

また、午後12時30分からは神楽坂路上界隈の3か所にライブスポットが出現。神楽坂通りのどこにいても様々な伝統芸能のパフォーマンスが楽しめます。笛や尺八、三味線など、伝統的スタイルのものから、胡弓と箏との共演、尺八・ギター・パーカッションなどの西洋と融合したユニットも登場します。その他にも、江戸糸あやつり人形など、江戸の粋を今に伝える実演家まで、幅広い年代層の方々が楽しめます。

他にも、日本固有のおもてなし「お座敷遊び」を体験できる場所や、7か所の名所旧跡をめぐる「神楽坂タイムスリップスタンプラリー」が開催。6つ以上集めた人にはオリジナル手ぬぐいがプレゼントされます。

そして祭りの最後には、赤城神社で夕暮れライブが開催。赤城神社は江戸時代からの名所で、夕景の美しいスポットとしても知られています。神楽殿での雅楽や長唄など、古典的色彩の濃い音楽ジャンルが趣のあるライブが展開されます。

イベントのフィナーレとして、他のスポットに出演したアーティストたちも集まり、来場者・スタッフと一体になって祭りが厳かに締めくくられていきます。伝統文化が生活の中で息づく神楽坂から、日本の伝統芸能と繋がることのできる2日間。華やかな音楽と色彩、笑い声に神楽坂が包まれていきます。

■イベント詳細
名称:神楽坂まち舞台・大江戸めぐり 2015」
開催日時:前夜祭 平成 27(2015)年 11 月 14 日(土)15:00~21:30
     本 祭 平成 27(2015)年 11 月 15 日(日)11:00~17:00
      *両日共に雨天決行・荒天中止
実施会場:神楽坂エリア一帯 (毘沙門天善國寺、赤城神社、東京神楽坂組合・見番、神楽坂通りエリア内路上、歴史的名所旧跡等) 参加形式:無料(「見番」公演のみ有料・要事前申込)
 公式サイト:http://kaguramachi.jp/ 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ