【速報】東京五輪・パラリンピックにサーフィン、スポーツクライミングなど5競技を提案

  • 10520 |
  • 最終更新:

20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、9月28日に追加種目の検討会議を行い、最終選考に残った8候補のうち、野球・ソフトボール、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、サーフィンの5競技(18種目)を国際オリンピックに提案することを決めたと発表しました。

5競技がオリンピック競技として選出された理由

今回、オリンピック競技として5競技が選出された理由としては、以下の要因があった模様です。

野球・ソフトボール
日本国内で人気が高く、高いチケット収入が見込めるため。

空手
日本発祥でかつ、野球同様に競技力が高いため。

スポーツクライミング
ボルダリングの世界選手権覇者である野口啓代氏ら、若手有望選手が多く、メダルの獲得が期待できるため。

ローラースポーツ、サーフィン
IOCが追加競技の要件として求めている「若者にアピールする」という条件にマッチしているため。

オリンピックで注目が集まるスポーツを体験するには?

asoview!では、今回オリンピック競技として提案された「サーフィン」「スポーツクライミング」の体験を、日本全国の施設より検索・予約することができます。

サーフィン体験・サーフィン教室

日本でも知名度が非常に高いサーフィンですが、「一度はやってみたいけど、うまくできるか不安。」「ベテランの中に一人混じって挑戦するのは、ハードルが高い。」と悩む方も多いかと思います。

asoview!でご紹介するサーフィンスクールでは、サーフィンの1日体験や短期スクールを予約することができます。また、やったことがない初心者の方でも、レンタルが充実しており手ぶらで体験できるプランを多数提供しています。この機会に是非スクールの1日体験プランにチャレンジしてみましょう。

asoview!でサーフィン体験を予約する

スポーツクライミング(ボルダリング)

ボルダリングとは、身一つで岩を登ることを目的としたシンプルなクライミングのことを指します。
ロープなどで体を固定しないことがロッククライミングとの大きな違いで、シューズとチョークという最低限の装備でウォールに挑みます。

ボルダリングが体験できるフィールドとしては、屋外での岩壁、屋内でのジムがあります。最近では若者の間でフィットネスの観点や頭と身体を両方動かすスポーツとして、屋内のボルダリングジムが高い人気を集めています。まずは、気軽にできる体験プランにチャレンジしてみましょう。

asoview!でボルダリングを予約する

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ