女性監督だけのホラー映画祭が開催決定!背筋も凍る恐怖を体感せよ

  • 1592 |
  • 最終更新:

渋谷の映画館アップリンクで、2015年10月24日(土)から10月31日(土)までの期間、女性監督だけのホラー・ダークファンタジー映画を集めたイベント「東京スクリーム・クイーン映画祭 2015」が開催されます。今回上映される作品14本すべてが日本未公開作品ですので、ホラー映画好きは必見です。

www.facebook.com

「東京スクリーム・クイーン映画祭」とは

「東京スクリーム・クイーン映画祭」じゃ、今年で3回目を迎えるイベントです。現在、映画監督の中でも、女性監督の数はまだまだ少ないですが、ホラー映画となるとなおさらです。そんな中、独自の美学や視点で恐怖映画を撮り続けている気鋭の女性監督たちにスポットを当て、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・韓国の女性ホラー監督の恐怖の世界を上映します。

イベントの見どころ

日本未公開作品14本の上映に加え、女優黒沢あすかさんのトークショーや、アーティスト近藤佳代氏とのコラボアート展示、「映画妖怪人間ベム」「進撃の巨人」の特殊メイクに参加した特殊メイクアップアーティスト梅沢聡一氏による、ハロウィンをテーマにした特殊メイクワークショップが予定されています。
栄えあるオープニング作品はオードリー・カミングス監督による長編映画デビュー作「ベビー・シッター」が上演されます。

参加監督や上映作品をチェックしよう!

長編映画
■ベビーシッターの女子高生を狙う恐怖を描いた、オードリー・カミングス「ベビー・シッター」
短編映画
■魚を狙う女性が本当に狙うものは…?カースティン・カーシュウ「ハンター」
■ラテン・ホラーには欠かせない存在である、ジジ・サウル・ゲレロ「ルチャリブレ」
■男性が見る少女は幻想なのか?リン・ヴィンセント・マッカーシー「ピンク」
■女性囚人が見る恐怖!ハイディ・リー・ダグラス「子羊」
■美容整形医師をむしばむ恐怖、レベッカ・トムソン「私はプラスチック」
■未来のデンマークの収容所で…、マリー・グラート「ディストピア」
■ある女性の悲劇が明らかになっていく、パトリシア・チカ「蛇使いの子守唄」
■友達の頼みを引き受けたお人好しの男性が…、イジー・リー「頼み事」
■5歳の女の子を預かった家の歯車が狂い出す。アシュリー・フェスター「カラスの家」
■一人でトイレに行けない女の子が…、チョーヒー・チャン「トイレノオバケ」
■裕福な男女のグルメ食事会で暴かれるものとは。ローレン・モリソン「はらわた」
■修道女を襲う闇、アリス・ロウ「修道女」
■平凡な女子高生の日常がミステリアスな男性に崩されていく、クロエ・オクノ「マディ」。

あらすじだけでも怖い14の作品を確かめに、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細
名称:「東京スクリーム・クイーン映画祭 2015」
期間:10月24日(土)から10月31日(土)
会場:渋谷アップリンク
住所:東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
料金:各上映1,800円 3回券4,000円 3人以上・男女ペア 一人1,500円
公式サイト:http://www.screamqueentokyo.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ