鉄道ファン必見!小田急電鉄が「小田急ファミリー鉄道展2015」を海老名・ビナウォークで開催

  • 3458 |
  • 最終更新:

小田急電鉄の秋の恒例イベント「小田急ファミリー鉄道展」が、今年も海老名駅に隣接する「海老名電車基地」と商業施設「ビナウォーク」で10月17日(土)、18日(日)の2日間にわたって開催されます。

「小田急ファミリー鉄道展」とは?

今年で15回目となる「小田急ファミリー鉄道展」は10月14日(水)の「鉄道の日」に合わせ開催されるイベントです。
小田急電鉄が日頃の感謝の気持ちを込め開催される「小田急ファミリー鉄道展」では、車両の展示や鉄道グッズの販売など様々なイベントが行われ、毎年、約3万人の鉄道ファンや家族連れの方で賑わいます。

人気のロマンスカー・VSE(50000形)ほか、様々な車両を展示!

毎年、様々な車両の展示が鉄道ファンに好評の「小田急ファミリー鉄道展」ですが、今年も様々な車両の展示が予定されています。
目玉展示車両は、今年で就役10周年を迎えたロマンスカーVSE(50000形)の展示です。車内見学はできませんが、グッドデザイン賞や、アジアデザイン賞など、国内外で様々な賞を受賞した車両の初めてとなる展示に、鉄道ファンの注目が集まっています。
また、世界で初めてVVVF制御装置に炭化ケイ素を使用し、省エネと低騒音の実現に成功した通勤車両1000系のリニューアル車両も展示され、運転台を除く車内の見学が可能です。
その他にも、普段あまり目にすることがないレール運搬車、ダンプトロリーや、ハイブリット軌陸車などの保守作業車の展示も予定されています。

子供に大人気の「運転手・車掌体験」も開催!

4歳から12歳までの子供を対象に、実際に使用していたロマンスカー・LSE(7000形)、通勤車両8000形や、すでに引退した5000形の操作などが体験できる「簡易運転台体験」と、車掌の運転機器・行先種別表示機器の操作体験が行われます。なお「簡易運転台体験」には整理券が必要となります。先着順に配布されますので、気になる方は早めに会場に行くことをおすすめします。
その他に、子供向けコーナーとして、駅長の制服と制帽を着用して海老名駅長やロマンスカーVSE(50000形)の乗務員との記念撮影会(1回500円)も開催されます。

鉄道グッズの販売、コンサートなど、見どころが満載!

毎年鉄道ファンが楽しみにしている小田急電鉄公式のグッズやオリジナルグッズ、人気の駅弁の販売、世界的キーボード奏者の向谷実によるライブが開催予定です。
また、環境ブースでは環境省の特別協力のもと交通形ICカードを使った「電車でクールチョイス!2015」が実施されます。先着で「小田急ロマンスカーエコせっけん」が貰うことができます。
■イベント詳細
名称:小田急ファミリー鉄道展2015
開催期間:10月17日(土)、18日(日)
開催時間:10時から15時30分 ※第1会場の最終入場は15時まで
会場:第1会場 海老名電車基地内特設会場 神奈川県海老名市上郷610
   第2会場 ビナウォーク 神奈川県海老名市中央1-4-1
最寄駅:小田急線小田原市 海老名駅
    ※第1会場は同駅西口から徒歩1分 第2会場は同駅東口から徒歩1分
入場料:無料
HP:http://www.odakyu.jp/familytrain/ (特設サイト)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ