昭和の東京を再発見!「東京駅~日本橋昭和レトロめぐり」が開催決定

  • 5125 |
  • 最終更新:

日本の顔として発展してきた街の魅力を探る、街歩きイベント「東京駅~日本橋昭和レトロめぐり」が、10月10日(土)から11月3日(火) までの25日間にわたって開催されます。期間中は、日本橋周辺に残る昭和の建築を廻るマップが配布されます。また、昭和時代に走っていた都電のデザインに塗られたラッピングバスが日本橋の街を走ります。

http://zabieru1.blog.so-net.ne.jp/

東京駅の”昭和”をめぐる「東京駅~日本橋昭和レトロめぐり」

昨年、およそ3万人が参加した「あるこう!東京駅~日本橋百年散策」に続く街歩きイベントとして開催される「東京駅~日本橋昭和レトロめぐり」。
今年は昭和の元号でかぞえると「昭和90年」になるということで、昭和にまつわるスポットを紹介するマップが作成されました。日本の鉄道の起点である東京駅と、国道1号の起点である日本橋を結ぶ、日本の交通の要所ともいえるエリアには様々な見どころが集まっています。

散策マップ、記念レプリカ硬券の配布

散策マップの配布は10月10日(土)10時から開始されます。配布場所は全部で6箇所あり、「JR東日本東京駅グランルーフ2階デッキ」、「大丸東京店1階 店内ご案内所」、「日本橋髙島屋1階 正面インフォメーション」、「日本橋三越本店本館1階 ライオン口案内所」、「コレド室町1 地下1階 日本橋案内所」、「八重洲地下街 案内所」で受け取ることができます。
また、マップと併せて、イベントの記念に作られたレプリカ硬券もプレゼントされます。硬券とは、厚い紙を用いて作られた古い鉄道の切符です。全部で6種類。今回のレプリカ硬券は、すべて実際に使われていたころと同じ印刷機や板紙を使って作られています。なお、散策マップ・記念レプリカ硬券は共に無くなり次第終了となります。

都電をイメージしたラッピングトロリーバスも運行されます

昭和時代に東京中を走っていた都電のデザインを踏襲して、黄色に赤の帯が入ったバスが街を走ります。都電ラッピングトロリーバスが運行するのは、10月10日(土)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、31日(土)、11月1日(日)、3日(火・祝)の8日間。実際に都電が走っていた中央通りなどを走ります。また、東京駅グランルーフ2階デッキ特設会場には、昭和の改札と懐かしい駄菓子屋も登場。改札では実際に切符にハサミを入れる入鋏実演イベントなども行われる予定です。

■イベント詳細
名称:東京駅~日本橋昭和レトロめぐり
営業期間:10月10日(土)~11月3日(火)
公式サイト:http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0914/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ