東京・神田で「パーソナル屋台」を作ろう!「場」の発明クラスで第三の趣味を見つける

  • 768 |
  • 最終更新:

「場」という考え方が、これからの社会にどんな影響を与えていくかを実践する「学びのコミュニティ」B-SCHOOLが、東京・神田で10月7日(水)から11月1日(日)までの期間、全6回の「パーソナル屋台」の制作講座を開講します。「アート×まちづくり」の活動に取り組むTRANS ARTS TOKYOとのコラボ企画として開催されるこの講座では、ユニークな指導を受けつつ、自分だけの「パーソナル屋台」を制作し、神田の町でお披露目します。

www.facebook.com

”パーソナル屋台”とは何か

「バウム」と「ツクルバ」が提供するコミュニティ、B-SCHOOLが提唱する「第3の趣味」と「小さな都市計画」を実現させるものです。世界中・日本中に出没し、道行く人に無料でコーヒーを配ることで人々とのコミュニケーションを図り、ひとときの「場」を作りあげます。 収入を得ることはできませんが、全く知らない人と1杯のコーヒーを通じて語り合うのは素晴らしい経験になるでしょう。そして人とのつながりが、少しずつでも社会に影響を与えていけるのではないか、とB-SCHOOLは考えています。

どんな人に向いているの?

屋台を作り、街をまわるのは誰でもかまいません。子供やリタイアした熟年層、職人さんやミュージシャン、企業が自分の存在を知ってもらうために行ってもいいのです。今回の講座ではコーヒーを配るのを最終目的としていますが、終了後にはジュースやカレーなど、好きなものを振る舞ってかまいません。差し出されるものを受け取った人との間に生まれるコミュニケーションが、新たなひらめきを与えてくれるかもしれません。屋台を建築家に依頼して作ってもらった本格派もいます。

講座内容について

この講座では、クリエイティブ・アクティビストユニットmosaicの田中元子氏と大西正紀氏にユニークなレクチャーを受けながら自分だけの「パーソナル屋台」を作っていきます。1から作る技術がなくても、既製品を組み合わせて作ることもできます。屋台の完成後は神田に繰り出し、早速パーソナル屋台でコーヒーの配布を始めます。果たしてそこにはどんな出会いと驚きが待っているでしょうか。
パーソナル屋台講座の受講は有料ですが、展示品の閲覧は無料です。パーソナル屋台に少しでも興味をお持ちの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

神田 パーソナル屋台ラボへのアクセス

都営地下鉄新宿線 小川町駅B7出口より 徒歩5分 武内ビル2階
神保町方面に向かって小川町交差点を直進。三菱東京UFJ銀行・神田支店を過ぎた角を左へ曲がりすぐ。

■スポット詳細
キャンパス:神田 パーソナル屋台ラボ
住所:千代田区神田錦町2-2 武内ビル2階
受講費:¥25,000
展示閲覧:無料
開講日:2015年10月7日(水)〜11月1日(日)
時間:19:30〜21:00 (11月1日のみ日中の開講を予定)
定員:24名
申込み締切:2015年10月7日(水)

受講の申し込み:http://www.kanda-tat.com/program/yatai.html

ホームページ:http://bschl.jp/


【クラス回数:全6回】
   第1回 10月7日(水)
    「パーソナル屋台」って何だろう?
   第2回 10月10日(土)
    どこで何やる!?妄想バトル!
   第3回 10月15日(木)
    私たちの「パーソナル屋台」を発表
   第4回 10月22日(木)
    屋台をみんなで作り込もう!
   第5回 10月24日(土)
    さぁ、まちへ出てみよう!
   第6回 11月1日(日)
    パーソナル屋台まつり(最終講評)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ