最優秀賞はロスでのマラソン!「ランニングで自撮り/友撮り写真・動画コンテスト」に応募しよう

  • 956 |
  • 最終更新:

ランニングに関する情報やサービスを提供している株式会社アールビーズは、ランナーだからこそ撮影できる、「ランニング自撮り/友撮り写真・動画コンテスト」を実施中です。応募締切日は11月10日(火)。最優秀賞に選ばれると、2016年2月14日(日)に開催される「ロサンゼルスマラソン」の出場権を獲得できます。海外でのランを目指して、1人で自撮り、または友人や家族と工夫して「友撮り」にチャレンジしてみませんか。

「ランニング自撮り/友撮り写真・動画コンテスト」とは?

同社が創立41年目を迎えるにあたって開催される、「ランニング自撮り/友撮り写真・動画コンテスト」は、ランナーだからこそ撮影できる、ランニングの魅力に迫る写真と動画を募集するコンテストです。
テーマは、個人やランニング仲間とのトレーニング風景、またレース中の風景など特に決まりはなく、ランニングシーンであれば自由です。自撮り、友撮りと、両部門への応募も可能となっています。

応募規定は?

基本的に、どなたでも応募できます。作品は必ず未発表のもので、写真枚数や動画の撮影時間に制限は設けられていません。写真(データのみ、紙焼き不可)、動画のファイル形式は、別途定められています。写真、動画ともに応募作品の返却はされず、審査に対して異議を申し立てることもできませんので、その点はご注意ください。

審査基準・審査方法は?

気になる審査基準ですが、プロが撮るような芸術作品よりも、ランナーだからこそ発見できる「ランニングあるある」や「やっぱりランニングが大好き」、といった瞬間を収めた、いきいきとした作品が好評価を得るようです。
審査方法は、月刊「ランナーズ」の編集部、ランニングポータルサイト「RUNNET」、一般財団法人アールビーズスポーツ財団などから結成された審査会により決定します。

発表方法・表彰内容は?

最優秀賞の発表方法は、12月22日(火)にRUNNETのサイト上、と「月刊ランナーズ2月号」の誌面にて発表されます。
「自撮り部門」は最優秀賞1名で、2016年2月14日(日)に開催される「ロサンゼルスマラソン」への出場権が与えられます。
「友撮り部門」は最優秀賞ペア1組(2名)で、「自撮り部門」同様に2016年2月14日(日)に開催される「ロサンゼルスマラソン」への出場権を得ることができます。

株式会社アールビーズとは?

アールビーズは、1976年に国内初となる市民スポーツ雑誌「月刊ランナーズ」の発行をスタートさせました。同年12月には「ホノルルマラソン」を初取材し、翌年には参加者ツアーを実施。
1996年には、コンピュータでタイムと順位が自動計測できるように、ランナーのシューズにチップをつけました。そして翌年、ランニングのポータルサイト「RUNNET(国内約2,000大会、約200万人が登録)」を開設。大会への申し込みが、ネットでもできるようになりました。
代表取締役の橋本治朗氏は、「ランニングにまつわる様々なシーンを集め、共有することで、市民ランニング文化をさらに広げていきたいと考えています」とコメントしています。

■コンテスト詳細
名称:「ランニング自撮り/友撮り写真・動画コンテスト」
応募締切日:2015年11月10日(火)
応募先:http://runnet.jp/contest2015
公式HPURL:http://runners.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ