話題のベトナム風サンドのお店「バインミー」が外苑前にオープン!パクチー増量もOK!

  • 2656 |
  • 最終更新:

ベトナム風サンドウィッチ「バインミー」が食べられるショップが、外苑前にオープンしました。その名も「Viet Banh Mi(バインミー)Court AOYAMA」。店舗は外苑前から徒歩1分、青山・表参道エリアにふさわしいスタイリッシュな雰囲気の店舗です。

http://mealafter5.blog.jp/

ベトナム風サンドイッチ、バインミーとは

やわらかなフランスパンに切り込みを入れ、バターやパテをぬり、甘酢漬けの野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ニョクマムやスウィートチリソースで味付けしたものです。本場ベトナムでは携帯性の良さから屋台をはじめ、バスターミナルなどでも売られている国民的ファーストフード。
バケットを使用しているのは、過去にフランス植民地支配下だったベトナムが、フランス文化の影響を大きく受けているからだそうです。バケットは麻布十番の「モンタボー」から仕入れ、素材は国産のものにこだわって作られています。

好きな人にはたまらない、パクチー増量OK!

「Viet Banh Mi Court AOYAMA」は、神楽坂のフランス料理店「ボン・グゥ神楽坂」のオーナーシェフ・野口尚人氏がプロデュースしたお店です。そのためバインミーには、フレンチの要素が入っています。
季節ごとの食材が使用されたバインミーは、レギュラー5種類と月替わりの「マンスリースペシャル」が提供されています。また、料金を50円プラスすれば、全てのバインミーにパクチーを追加できます。

おすすめメニュー、オリジナルレバーパテ&ハム

「オリジナルレバーパテ&ハム」は、自家製の味わい深いレバーパテを使用し2種類のハムが挟まれたバインミー。「Viet Banh Mi Court AOYAMA」では、メニューにマーガリンを使用していません。
マヨネーズを使用するメニューを除いて、ほとんどのメニューで油を使用していないのも特徴。そのためかサッパリと食べられ、グリーンペッパーが入ったハムが、ちょっぴりスパイシーでクセになりそうな味です。

ドリンクセットもあり、ランチにもおすすめ

和風ソースで味付けされた牛焼肉と、レモングラスが入った「ビーフ&レモングラス
」。レモングラスの茎のシャキシャキした食感が楽しく、コクのある肉との相性もバッチリです。
このほかにも「スパイシーグリルチキン&トマト」、「アボガド&シュリンプ」、「フレッシュベジタブルミックス」といったメニューがあります。料金は単品で670円、ドリンクセットだとプラス200円です。ドリンクは、コーヒー、ティー、フルーツジュース、ビールが用意されており、料金はいずれも300円です。価格が統一されているのも覚えやすくていいですね。

店舗詳細
店舗名:Viet Banh Mi(バインミー)Court AOYAMA
所在地:東京都港区北青山2-12-12 sugarビル1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:年中無休

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ