茨城の「美味しい」が満載!オークラフロンティアホテルつくば「第6回 茨城の食彩フェア」開催

  • 1542 |
  • 最終更新:

茨城県つくば市の「オークラフロンティアホテルつくば」にて、10月1日(木)~31日(土)の1ヶ月間、茨城の食彩フェア」が開催されます。茨城の自然が育んだブランド食材を使ったホテルいち押しの料理を提供するこのフェア。第6回目となる今年は、ホテル内のレストランやカフェで、茨城が誇る5つの特選食材で作られたオリジナルメニューを堪能できます。

http://prtimes.jp/

茨城の食彩フェアとは?

茨城の食彩フェアは、茨城県ホテル協議会が主催する、茨城県産食材の安心・安全・魅力をアピールすることを目的としたイベントです。茨城県ホテル協議会に加盟している県内の6つのホテル「オークラフロンティアホテルつくば(つくば市)」「大洗パークホテル(水戸市)・三の丸ホテル(水戸市)」「水戸プラザホテル(水戸市)」「水戸京成ホテル(水戸市)」「鹿島セントラルホテル(神栖市)」で開催されます。
このフェアで使用される食材は、茨城を代表する特選素材です。それぞれのホテルのシェフが腕をふるい、特選素材を使ったオリジナルメニューを提供します。

茨城が誇る5つの極上素材を使用

食彩フェアで使用される食材は、茨城が全国に誇る5つの食材です。笠間市を含む茨城全体で収穫量24%という全国トップシェアの「笠間の栗」。お米日本一コンテストで2年連続金賞を受賞した「ななかいの里コシヒカリ」。銘柄ポーク好感度コンテストのグランドチャンピオン大会全国3位に入賞した、柔らかく良質な脂肪が入った光沢が特徴的な「ローズポーク」。食肉取引規格A・Bの4・5等級に格付けされた極上の霜降り牛肉「常陸牛」。全国特殊鶏味の品評会全国1位の最高傑作の地鶏「奥久慈しゃも」など、いずれ劣らぬ素材ばかり。
これらの素材を使ったメニューが、期間中オークラフロンティアホテルつくばの飲食店にて堪能することができます。

4店舗にてオリジナルメニューを提供

オークラフロンティアホテルつくばでは、茨城の食材を使ったオリジナルメニューを4店舗で提供しています。本館2階カフェテラス「カメリア」では、ローズポークを使った照り焼きボウルや常陸牛もも肉のソテーが頂けます。
同じく本館2階にある日本料理「筑波嶺」では、週替わりのローズポークランチ、常陸牛の会席を。アネックス2階中国料理 「桃花林」では秋のおすすめアラカルトとして常陸牛とレタスのチャーハンやローズポークの黒酢酢豚、笠間の栗入り色々野菜のXO醤炒めなどを。また本館1階にあるベーカリー「モンファリーナ」では笠間の栗入りスイーツ・ブレッドを全5品用意しています。どれも絶品ですので、イベント期間中にぜひ訪れて、茨城の「食」を堪能してみてはいかがでしょうか。

イベント詳細
名称:オークラフロンティアホテルつくば「第6回 茨城の食彩フェア」
所在地:茨城県つくば市吾妻1-1364-1
開催期間:2015年10月1日(木)~10月31日(土)
公式サイト:http://www.okura-tsukuba.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ