スウェーデンのおもちゃを親子で楽もう!「SWEDEN KIDS WEEK 2015」開催

  • 2077 |
  • 最終更新:

「SWEDEN KIDS WEEK 2015」が東京都港区六本木にあるスウェーデン大使館で、2015年10月17日(土)・18日(日)に開催されます。このイベントでは、スウェーデンの育児用品や子ども用品、おもちゃブランドなどを親子で楽しむことができます。

www.facebook.com

SWEDEN KIDS WEEK 2015とは?

今年で4年目の開催となる「SWEDEN KIDS WEEK」は、スウェーデン大使館によって開催されるイベントです。育児先進国としても知られる、スウェーデンの育児用品やおもちゃなどを実際に体験することができます。
商品の中にはなんと、一般初公開の最新作も含まれています。イベント中にはスウェーデン発のおもちゃで遊べるブースが用意され、アクティブライフを体験できるコーナが大使館の敷地内に設置されます。またスウェーデン語と日本語による絵本の読み聞かせや、女優の川上麻衣子さんによる「愛のほん」の読み聞かせなども行われます。
その他にもワークショップで人形作りを経験できたり、スウェーデンで愛されているアニメの上映会が行われたりと、楽しみ方は無限大です!

BRIOの木製おもちゃやKINETIC SANDで遊べる!

BRIOの木製おもちゃで遊べるコーナーと、不思議な砂KINETIC SANDで遊べるコーナーがブース内に設置されます。BRIOは創立から130年以上を迎えるスウェーデンの老舗ブランドです。子どもたちの豊かな創造性を育てる様々な木製のおもちゃを作り続けています。1940年代からはスウェーデン王室にも愛用されており、またおもちゃとして数々の受賞歴を誇ります。
イベントでは、BRIOの目玉商品である木製レールウェイを始めとして、様々な木製おもちゃで思う存分楽しむことができます。不思議な砂KINETIC SANDも、同じくスウェーデン発のおもちゃです。2015年キッズデザイン賞を受賞している、動く不思議な砂での砂遊びを堪能できます。
その不思議な触り心地や動き方には、お子様だけでなく大人の方もハマってしまうことうけあいです。この両ブースは予約不要で、無料で遊ぶことができます。

絵本や「愛のほん」の読み聞かせ、ワークショップなども開催されます!

10月17日(土)には、スウェーデンの絵本作家であるヨンナ・ビョルンシェーナによる絵本の読み聞かせが行われます。こちらは要予約で定員は20名(対象年齢4歳以上)となっています。絵本「おとうとうさぎシリーズ」をスウェーデン語と日本語の両方で聞くことができます。
10月18日(日)には、女優の川上麻衣子さんによる「愛のほん」の読み聞かせが行われます。こちらも要予約となっており、定員は96名。「愛のほん」は「愛」というテーマをユニークな視点で描いたもので、スウェーデンの性教育の場でも使用されています。子どもも大人も楽しむことのできる本です。
また、「ウォルドルフ・手仕事で作る親子の時間」として、10月17日(土)には「ぽんぽん鳥つーくろっ!」と10月18日(日)には「クリスマスのおしゃべり」の2つのワークショップが開催されます。ワークショップの参加には有料の人形手作りキットを購入する必要がありますが、予約不要で楽しむことができます。
スウェーデンならではのワークショップを体験して、出来上がった作品を持ち帰れば素敵な宝物になること間違いなしです!
 

イベント詳細
名称:SWEDEN KIDS WEEK 2015
所在地:東京都港区六本木1丁目10-3 スウェーデン大使館
営業期間:2015年10月17日(土)~18日(日)
営業時間:10:00〜17:00
料金:ワークショップ「ぽんぽん鳥つーくろっ!」:1,200円
          「クリスマスのおしゃべり」:1,500円
            ※その他のイベントは無料で参加可能
公式サイト:http://www.swedenkidsweek.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ