大きな満月が輝く「お月見イルミネーション」が福岡タワーに点灯!「お月見観測体験」も開催!

  • 161 |
  • 最終更新:

中秋の名月が間近に迫る9月18日(金)から10月12日(月・祝)まで福岡タワーで、大きな満月が塔体に浮かび上がる「お月見イルミネーション」を点灯します。

「お月見イルミネーション」とは?

1989年のアジア太平洋博覧会の時に誕生し、福岡のシンボルとして存在感を放つ福岡タワーは季節やイベントに合わせ、様々なイルミネーションが塔体を輝かせます。
そんな福岡タワーに、秋の風物詩としてまばゆい満月が塔体を飾る「お月見イルミネーション」が点灯します。発光ダイオード照明を2700個使い、美しい秋をモチーフにしたイルミネーション。濃紺のグラデーションの空に黄金に輝く満月が主役になっています。さらに、満月と重なるように落ち積もる紅葉とススキが秋の情感を演出します。時折、月にはウサギも現れ、秋の美しさを実感できる演出がされています。

秋の夜に輝く月を間近で見よう!「お月見観測体験」実施

秋の風物詩といえば「お月見」。旧暦8月15日にあたる日、十五夜の月を「中秋の名月」と呼んでその美しさを讃え、お月見を楽しみます。今年の中秋の名月は9月27日(金)。その日を挟んで9月26日(木)から9月28日(土)まで展望室で天体望遠鏡を使った「お月見観測体験」を実施します。
実は中秋の名月とは必ずしも満月を指してるわけではありません。しかし今年は満月の直前の日が中秋の満月に当たるので、満月に近い美しい月を見ることができます。加えて直後の満月は、月の接近によって大きく見える「スーパームーン」となっています。普段見る中秋の名月より、大きく美しく見えるめったにない機会なので、ぜひ展望室に足を運んで、その美しさを堪能してください。
また展望室には月面に立ってるかのような写真が撮れるスポットもありますので、記念に写真を撮るのも忘れないようにしましょう。

福岡タワーから博多の街を一望しよう!

1階フロアからわずか70秒で到着する最上階の展望室は地上から123mの高さに位置します。展望室からは博多の街が一望できます。博多湾に沈む美しい夕日や「夜景100選」に選ばれた福岡の夜景はまさに絶景です。また、空中にいるかのようなスカイラウンジでランチやディナーも楽しめます。せっかくの機会ですので、イルミネーションと合わせてこちらも楽しんでみてください。

 

■イベント概要 
イベント名称:お月見イルミネーション
開催場所:福岡タワー
開催日時:9月18日(金)から10月12日(月・祝) 18時30分~23時
公式HP:http://www.fukuokatower.co.jp/index.php

■関連イベント「お月見観測会」
場所:福岡タワー5階展望室
日時:9月26日(木)から9月28日(土)まで 19時から22時まで(天候により中止になる場合あり)
   ※9月27日(金) 中秋の名月
    9月28日(土) スーパームーン

■関連イベント「月面フォトスポット」 
場所:福岡タワー5階展望室
日時:9月19日(土)から10月10日(日)まで  タワー営業時間内 9時30分から22時まで

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ