恵比寿ガーデンプレイスで「TAITTINGER BAR」が9月23日まで期間限定オープン!

  • 1709 |
  • 最終更新:

東京・渋谷区にある恵比寿ガーデンプレイス、グラススクエアB1にあるYEBISU WINE BARでは、2015年9月23日(水・祝)までの期間限定でシャンパーニュ・テタンジェを楽しめるバー「TAITTINGER BAR」がオープンしています。シャンパン好きの方は要チェックです!

prtimes.jp

TAITTINGER BARの魅力

ワイン専門店直営のワインバーYEBISU WINE BARの中に、サッポロビール株式会社が期間限定でTAITTINGER BARをオープンしました。サッポロビールが今秋より世界的なシャンパーニュブランドである「ティタンジェ」の取り扱いを開始することから、「ブラン・ド・ブラン」つまりシャルドネだけで作られるシャンパンをテーマに、ティタンジェの世界観を具現化したBARとなっています。ティタンジェを代表する「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」をはじめとする、シャンパーニュ7種を取り揃えています。

世界的シャンパーニュブランド「ティタンジェ」

ティタンジェ社は1734年に創業した家族経営のシャンパーニュ・メゾンで、シャンパン好きな方で知らない人はいないほどの世界的に有名なシャンパーニュの代表的ブランドです。フランスでは大統領主催の公式レセプションでは必ずティタンジェが用いられ、2013年には国際サッカー協会公式シャンパーニュとしても認められました。
今回TAITTINGER BARに用意されるのはティタンジェを代表する「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」、「コント・ド・シャンパーニュ ロゼ 2005」、「ブリュット ミレジメ 2008」、「プレスティージュ ロゼ」、「プレリュード グラン・クリュ」、「ノクターン」、「ブリュット レゼルヴ」の7種。いずれも洗練された味わいをお楽しみいただけます。

「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」

「ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)」とは、直訳すると「白の中の白」。白ぶどうだけで作った白ワインとなりますが、具体的には白ぶどうの中でもシャルドネだけで作ったシャンパンのことを意味します。シャンパーニュ地方でシャンパンに使われるぶどうは、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3品種。
ブレンドして作られることが前提とされるシャンパンでは「ブラン・ド・ブラン」、つまりシャルドネ1品種だけによって作られるシャンパンは作るのがたいへん難しく、シャンパンの中でも特別な存在とされています。そして今回提供される「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」はそのなかでも代表的なシャンパーニュの一つです。希少なシャンパンの特別な味と芳醇な香りを是非お楽しみください。

詳細
店舗名:TAITTINGER BAR
所在地・東京都渋谷区恵比寿4-20-4    恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアB1
営業期間: 2015年9月23日(水・祝)まで
営業時間:平日17:00~23:00
               土日祝日11:00~23:00
公式サイト:http://www.partywine.com/ywb/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ