世界初!ヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」が自由が丘に上陸

  • 4210 |
  • 最終更新:

パリの人たちの舌を唸らせる名店「デュ・パン・エ・デジデ」のオーナー、クリストフ・ヴァスール氏が手がける世界初のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」が、8月21日に自由が丘にオープンしました。日本では耳馴染みのあまりない、"ヴィエノワズリー”とは一体どういうものでしょうか。

http://www.rituel.jp/

ヴィエノワズリー専門店とは?

少し聞きなれないヴィエノワズリーとは、イースト発酵させたパン生地などを焼いて作られた菓子パンの総称で、日本ではクロワッサンなどが広く知られています。世界初のヴィエノワズリー専門店となるこの店では、20世紀初頭のフランスの味を再現するべく、ほぼ全ての工程を1日半以上かけ、本場フランスでも珍しい石床式のオーブン使用してじっくりと焼き上げた、本場のヴィエノワズリーを味わうことができます。

パリ随一のパン職人、クリストフ・ヴァスール氏とは?

世界初のヴィエノワズリー専門店を手がけるクリストフ・ヴァスール氏は、フランスの名店「デュ・パン・エ・デジデ」のオーナーシェフ。フランスで最も影響力があると言われるレストランガイドである、「ゴー・ミヨ」において、「ベスト・ブーランジェ・オブ・パリ 2008」に選ばれるなど、多くの人々から支持されている、まさにフランスを代表するパン職人です。

職人技の様々なヴィエノワズリーをじっくり味わおう

基本の商品は「クロワッサン」「ショコラティン」「ニフレット」「ル・サクリスタン」「エスカルゴ」の5種類。その中でも店の看板商品になる「エスカルゴ」は、チョコレートとバナナ入りの「ショコラ・バナーヌ」を始めとした5種類をラインナップ。その中でも、オーガニックのドライマンゴーとバニラビーンズを使った「マングー・ヴァニーュ」など、パリでも食べられないような日本限定のメニューもあります。

素材には日本産のオーガニック素材がふんだんに使用されており、北海道産の有機小麦ハルキラリをはじめとした、山梨・黒富士農場の放牧卵、千葉・大地牧場の有機牛乳など、メインとなる素材には可能な限り日本産の素材が使用されています。

そのほか、一つ一つ微妙に違う焼き色や形のパンの中から、気に入ったものを対面式で選ばせてくれたり、ガラス張りになっている厨房のパン作りの様子を伺うことができたりと、来店した人々を楽しませる工夫がなされています。

味覚でも視覚でも楽しめる、世界初となるヴィエノワズリー専門店。ぜひこの休日に訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗詳細
店舗名:RITUEL par Cheristophe Vasseur(リチュエル パー クリストフ・ヴァスール)
場所:東京都目黒区自由が丘2−9−17 1F
営業時間:10時〜20時(月~金) / 9時半〜20時(土日祝)
ホームページ:http://www.rituel.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ