繊細な味と技に舌鼓!目黒区にフレンチレストラン「CRAFTALE」オープン!

  • 210 |
  • 最終更新:

中目黒のドロール跡地に、フレンチレストラン「CRAFTALE(クラフタ)」がオープンしました。モノトーンで統一された店内は、シックで落ち着いた雰囲気。季節の野菜をふんだんに使用したディナーや、前菜・メインなど、食材の個性を最大限に活かされたアラカルトメニューが楽しめます。

http://tables.jp.net/

CRAFTALEとは?

目黒川沿いの比較的落ち着いたエリアにたたずむ「CRAFTALE」。シェフの大土橋氏は、1984年生まれの若いシェフですが、その経歴は辻調理師専門学校のフランス校を卒業後、恵比寿の「ジュエルロブション」などを経て渡仏。パリの「ネオビストロSaturne(サチュルヌ)」で腕を磨き、帰国後は初台の「レストランアニス」を経て「CRAFTALE」をオープンさせました。
店舗名の「CRAFTALE」とは、“CRAFT 手技”と“TALE 物語”の2つの言葉を重ねたものです。生産者の人たちの大きな愛情と情熱を自分たちの手で紡ぎ伝えたい、そしてゲストの皆さんとレストランという物語を作り上げていきたいという思いが込められているそうです。

モノトーンで統一された店内

モルタルとステンレスを基調とした店内は、無機質ながらも力強さを感じるスタイリッシュな空間で、扉を開けた瞬間にアタリの予感を感じさせてくれます。高い位置に窓が設置されているので通行人の姿も気にすることなく、ゆったりとした時間が過ごせそうです。シェフを中心に働いているのは30歳前後の若いスタッフ。さりげない気遣いができる接客が心地良いレストランです。

料理から伝わる実直さ

料理はフレンチの技術をベースに、食材の素材と個性が最大限に活かされています。一皿ごとの色彩感覚や食材の合わせ方まで、こだわりを感じます。料理がテーブルにサーブされるたびに、思わず感嘆の声をあげてしまいそうなほど美しい出来栄え。クオリティの高いディナーの内容は、アミューズ2品・前菜2品・魚料理・肉料理・デセールパンペアリング4品。ランチは土日限定で、11月頃からスタートする予定だそうです。女性同士やデート、両親との食事、色んな場面で活躍してくれそうなレストラン。コースを楽しみながら、尽きない話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。なお予約は電話、もしくはWeb(24時間OK)からとなります。

イベント詳細

名称:CRAFTALE
所在地:東京都目黒区青葉台1-16 2F
営業時間:LUNCH.11:30~14:00(L.O13:00)、DINNER.17:00~25:00(L.O24:00)
定休日:水曜日 ※ランチ営業は、土日のみ(11月頃よりスタート)
公式サイト:http://tables.jp.net/craftale/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ