奈良・春日大社の式年造替を記念して春日野音楽祭開催!プレイベント「奉納大合奏」参加者募集中

  • 1147 |
  • 最終更新:

2015年10月18日、奈良駅周辺で「春日野音楽祭」の立ち上げイベントが開催されます。春日野音楽祭は、20年毎に行われている春日大社の式年造替を記念して2016年に本開催が予定されている市民参加の音楽祭。

今年のプレイベントでは、日本を代表するジャズクラリネット奏者の一人北村英治さんと共に、ジャズの名曲「Sing Sing Sing」などを奉納演奏する大合奏企画「奉納大合奏~未来へのSing Sing Sing~」などのイベントが企画されています。楽器や歌声で参加するメンバーを現在募集しています。

春日野音楽祭とは?

今年から来年にかけて、奈良・春日大社の御殿の建て替えと御神宝の新調を行う式年造替が執り行われます。この式年造替は、創建以来1200年に渡って続く伝統的なしきたり。その開催を記念し、市民参加による奉祝行事として「春日野音楽祭」が立ち上げられました。音楽祭を通じて、奈良の未来を育てるためのつながりを作り、式年造替以降も奈良の世代を超えたネットワークが継続していくような姿を目指しています。

楽器や歌声で演奏に参加しよう!

演奏する楽曲は「Sing Sing Sing」「ムーンライトセレナーデ」「A列車で行こう」「花は咲く」「上を向いて歩こう」など。自分の歌声の他、演奏楽器には鍵盤ハーモニカやリコーダーという気軽に演奏できる楽器から、フルートやクラリネット(バスクラ)、サックス(アルト・テナー・バリトン)、トランペット・トロンボーン(バス)・ホルン(Fホルン)、ユーフォニアム、チューバ、パーカッションなど吹奏楽でおなじみの楽器まで、さまざまなパートの演奏者を募集しています。

他にも、自分が持っていて演奏できる楽器についても、事前に相談してみると参加が可能になることもあるようです。基本的に電源を使わない楽器であればOKとのことなので、気軽に問い合わせてみましょう。

楽器持参の方は、9月19日に事前練習があり、午後4時から6時頃まで譜読み会が行われます。事前にメールなどで申し込み、ご自分の担当楽器と譜面台、楽譜と筆記用具を持って「春日大社 感謝共生の館」に集合しましょう。

音楽で年代を超えたつながりを広げよう!

小さなお子様からご高齢の方、プロやアマ問わず、音楽が好きであれば誰でも参加資格があります。音楽を通しての心の交流や地域の人々との繋がり、楽しい思い出を作っていきましょう。中高の部活動などとは違う幅広い年代とのつながりや、短時間で結束して演奏の精度を高めていく充実した時間を味わうことができます。未来への願いや想いを音楽に乗せて、ぜひ演奏に参加しましょう。

イベント詳細
名称:春日野音楽祭プレイベント「奉納大合奏 未来へのSing Sing Sing」
所在地:登大路園地
開催期間(本番):2015年10月18日
演奏時間:午後4時から午後5時
参加料金:無料
公式サイト:http://kasuganofes.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ